犬の癌について

末期癌の犬でも可能な食事療法:手作りレシピとおすすめのドッグフード

犬に多い癌と言えば、悪性リンパ腫や皮膚がん、乳腺癌、消化器のがん、肝臓がん、腎臓がん、膀胱がん、筋骨格系のがん(骨肉腫、関節内のがん)、神経系のがん(脳腫瘍、脊髄腫瘍、末梢神経のがん)と発症部位はさまざまなですが、癌になった犬に共通するのは...
犬の癌について

犬が発症しやすい癌の初期症状をチェック:末期の緩和ケアと治療

犬の癌は細胞の異常増殖によって起こる病気で、正常な組織を侵食し進行すると臓器や組織が機能不全になり死に至ります。日本国内での犬の死亡原因の1位が癌であり、最も警戒が必要な犬の病気です。 ここでは、犬が発症しやすい癌の種類や、早期に見つけるた...
犬の糖尿病について

犬の糖尿病は食事療法が必須:手作りフードや食べてはいけないもの

糖尿病を発症した犬は、膵臓が十分なインスリンを生成できないか、体が正しくインスリンを利用できない状態です。犬の糖尿病では食事療法が治療の一部なので、食事による犬の健康維持と血糖値の管理が非常に重要となります。 ここでは糖尿病になったの食事管...
犬の糖尿病について

犬が出す糖尿病のサインを見逃さない!初期から末期症状をチェック

犬の糖尿病で一番大切なことは予防ですが、病気になってしまった場合はなるべく早く見つけて適切な治療を受けること。 初期症状が出た段階で適切な治療や食事管理を行えば元気な状態で長生きできるのも糖尿病の特徴です。ここでは初期症状のチェック方法や末...
犬のクッシング症候群について

犬のクッシング症候群の食事で食べてはいけないものと手作りレシピ

犬のクッシング症候群は副腎ホルモンのバランスが崩れ過剰分泌することで、さまざまな代謝トラブルを抱え、血糖値の上昇や筋肉量の減少から免疫力の低下、さらに糖尿病や腎臓病といった合併症を起こしやすい病気です。 早期の治療が余命を左右する病気で治る...
犬のクッシング症候群について

犬クッシング症候群のサイン!初期から末期症状、治療法一覧ガイド

犬のクッシング症候群は、副腎皮質ホルモンの過剰分泌による内分泌疾患で、多飲・多尿、腹部膨満、皮膚病変などの症状が見られる病気で治ることがないと言われています。 ただ、治ることがないにしても初期に発見して適切な治療と食事制限をすれば元気で寿命...
犬の腎臓病について

犬の腎不全や腎臓病の食事とは@手作りレシピとおすすめの療法食

犬の腎臓は体内の老廃物を排出し体内の水分や電解質を調節する重要な役割を果たますが、その機能が低下し老廃物が体内に留まってしまうのが、腎不全などの腎臓病です。 腎不全や腎臓病の犬は腎臓機能が低下するため心臓病や甲状腺機能低下症など様々な症状の...
犬の腎臓病について

犬の腎臓病の症状「初期・末期」@原因や治療法まで解説

あなたの愛犬が元気がない、食欲がない、水をたくさん飲む、尿の量や色が変わるなどの症状に気づいたら、腎臓病の可能性があります。腎臓病は犬の命に関わる重大な病気で、早期発見・早期治療が必要です。 しかし、腎臓病の症状は初期には目立たないことが多...
犬の心臓病について

犬の心臓病における食事療法@手作りごはんのレシピとおすすめドッグフード

犬の心臓病は、癌に次いで犬の死亡原因の2位に位置する疾患で、10歳を超える老犬に多いという統計が出ています。例えば「僧帽弁閉鎖不全症」のような疾患が含まれ、「心不全」、「心臓肥大」、および「心雑音」といった症状も一般的。 また、「肺水腫」や...
犬の心臓病について

犬の心臓病の症状をチェック「初期から末期」原因や治療まで解説

主な犬の心臓病には、僧帽弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、心筋症などがあります。これらの病気の進行状況は一般的にステージ1~ステージ4に分けられ、それぞれの原因や症状に合わせた治療が行われます。 こちらでは犬の心臓病の初期から末期の症状や原因、予...