犬の膀胱炎の食事。手作りの食材とレシピ、症状や原因、治療法

水を飲む柴犬の画像 犬の腎臓病について

膀胱炎は、犬がなりやすい病気の一つです。原因はさまざまですが、細菌感染や結石、ストレスなどが考えられます。症状としては、尿が赤くなる、頻尿になる、排尿時に痛がるなどがあります。

治療法としては、薬物療法や食事療法などが行われます。また、膀胱炎を予防するためには、水をたくさん飲ませたり、ストレスを溜めないようにすることが大切です。

犬の膀胱炎ケアサポート

和漢の膀胱炎・結石用療法食 自然素材の手作りごはん
ロイヤルカナン尿路ケア療法食 ヒルズ尿ケア療法食
犬の尿路ケアサプリ 犬の膀胱炎おやつ

膀胱炎を発症した犬の食事で注意するポイント

フードのなくたった皿を眺める愛犬

フードのなくたった皿を眺める愛犬

膀胱炎の犬の食事で注意すべきポイントは以下の通りです:

  1. 水分を積極的に摂取させる:
    • ドライフードに水を混ぜる、ウェットフードを与えるなどして、水分摂取量を増やすことが重要です。
    • 飲水量が減ると、膀胱に細菌がとどまりやすくなり、膀胱炎のリスクが高まります。
  2. 定期的な尿検査を受ける:
    • 膀胱炎の早期発見や予防のために、定期的に尿検査を受けることが推奨されます。
  3. ミネラル豊富な野菜や硬水の量を調節する:
    • ミネラルが多い食材や硬水は、尿路結石のリスクを高める可能性があるため、与える量を調整することが大切です。
  4. 尿路系に特化したドッグフードを選ぶ:
    • 尿路系の健康をサポートするために、尿路系に特化したドッグフードを選ぶと良いでしょう。
  5. 排尿を促す環境を整える:

これらのポイントを参考にして、愛犬の膀胱炎の予防や管理に努めてください。

犬の膀胱炎で食べてはいけないもの

膀胱炎の犬が食べてはいけないものについて、以下の点に注意してください:

  1. 塩分や脂肪分が多い加工肉:
    • ハム、ソーセージ、ベーコンなどの加工肉は、塩分や脂肪分が多く含まれており、膀胱に負担をかける可能性があります。
  2. 酸性の強い食べ物:
    • 酢、トマト、みかんなどの酸の強い食べ物や果物は、胃や腸にダメージを与える可能性があるため、膀胱炎の際には控えた方が良いとされています。
  3. シュウ酸を多く含む食材:
    • ほうれん草、ビーツ、ナッツなどのシュウ酸を多く含む食材は、尿路結石のリスクを高める可能性があるため、避けるべきです。
  4. 過剰なカルシウムやビタミンDの摂取:

これらの食材を避けることで、膀胱炎の犬の健康をサポートし、症状の悪化を防ぐことができます。愛犬の食事については、獣医師と相談しながら適切な管理を行いましょう。

膀胱炎の犬に適した食事の手作りレシピ

かぼちゃ鶏肉シチューのイメージ画像

かぼちゃ鶏肉シチューのイメージ画像

膀胱炎の犬に適した食事のレシピを5つご紹介します。以下のレシピは、膀胱炎の症状を和らげるために役立つ食材を使用しています。

レシピ1: 鶏肉と野菜のスープ

用意する食材:

  • 鶏ささみ肉: 100g
  • にんじん: 1本
  • かぼちゃ: 50g
  • ほうれん草: 30g
  • 水: 500ml

手作りのレシピ:

  1. 鶏ささみ肉を一口大に切ります。
  2. にんじん、かぼちゃを小さく切ります。
  3. 鍋に水を入れ、鶏肉と野菜を加えて煮ます。
  4. 野菜が柔らかくなったら、ほうれん草を加えてさらに煮ます。
  5. 全ての材料が柔らかくなったら、火を止めて冷まします。

レシピ2: 魚と野菜のピュレ

用意する食材:

  • 白身魚(タラなど): 100g
  • ブロッコリー: 50g
  • にんじん: 1本
  • 水: 適量

手作りのレシピ:

  1. 白身魚を蒸して、骨を取り除きます。
  2. ブロッコリーとにんじんを柔らかく茹でます。
  3. 魚と野菜をミキサーにかけてピュレ状にします。
  4. 必要に応じて水を加えて、適度な硬さに調整します。

レシピ3: さつまいもと鶏肉の煮物

用意する食材:

  • さつまいも: 100g
  • 鶏ささみ肉: 100g
  • ほうれん草: 30g
  • 水: 300ml

手作りのレシピ:

  1. さつまいもを一口大に切ります。
  2. 鶏ささみ肉を一口大に切ります。
  3. 鍋に水を入れ、さつまいもと鶏肉を加えて煮ます。
  4. さつまいもが柔らかくなったら、ほうれん草を加えてさらに煮ます。
  5. 全ての材料が柔らかくなったら、火を止めて冷まします。

レシピ4: かぼちゃと豆腐のスープ

用意する食材:

  • かぼちゃ: 100g
  • 豆腐: 50g
  • にんじん: 1本
  • 水: 500ml

手作りのレシピ:

  1. かぼちゃを一口大に切ります。
  2. にんじんを小さく切ります。
  3. 鍋に水を入れ、かぼちゃとにんじんを加えて煮ます。
  4. 野菜が柔らかくなったら、豆腐を加えてさらに煮ます。
  5. 全ての材料が柔らかくなったら、火を止めて冷まします。

レシピ5: 鶏肉とほうれん草のリゾット

用意する食材:

  • 鶏ささみ肉: 100g
  • ほうれん草: 30g
  • 白米: 50g
  • 水: 300ml

手作りのレシピ:

  1. 鶏ささみ肉を一口大に切ります。
  2. ほうれん草を小さく切ります。
  3. 鍋に水を入れ、白米と鶏肉を加えて煮ます。
  4. 白米が柔らかくなったら、ほうれん草を加えてさらに煮ます。
  5. 全ての材料が柔らかくなったら、火を止めて冷まします。

これらのレシピを参考にして、愛犬の膀胱炎の管理に役立ててください。食材の分量や調理方法は、愛犬の体調や好みに合わせて調整してください。

犬の膀胱炎ケアサポート

和漢の膀胱炎・結石用療法食 自然素材の手作りごはん
ロイヤルカナン尿路ケア療法食 ヒルズ尿ケア療法食
犬の尿路ケアサプリ 犬の膀胱炎おやつ

次は、手作り食のメリットとデメリットについて、以下に詳しく説明します。

メリット

  1. 食材の選択が自由:
    • 飼い主が食材を選び、添加物や保存料を避けることができます。
    • アレルギーや特定の健康状態に合わせた食事を提供できます。
  2. 栄養バランスの調整:
    • 犬の体調や年齢に合わせて、栄養バランスを調整することができます。
    • 新鮮な食材を使用することで、栄養価の高い食事を提供できます。
  3. 水分摂取量の増加:
    • 手作り食は水分を多く含むため、犬の水分摂取量を増やすことができます。
  4. 食事の楽しみ:

デメリット

  1. 栄養バランスの難しさ:
    • 必要な栄養素を全て満たすバランスの取れた食事を作るのは難しいです。
    • 特にビタミンやミネラルの不足が懸念されます。
  2. 時間と手間がかかる:
    • 食材の選定、調理、片付けに時間と手間がかかります。
    • 忙しい日常生活の中で継続するのは難しいことがあります。
  3. コストがかかる:
    • 高品質な食材を使用するため、コストがかかることがあります。
  4. 保存が難しい:
    • 手作り食は保存が難しく、作り置きができないことが多いです。

これらのメリットとデメリットを考慮して、愛犬に最適な食事を提供する方法を選んでください。手作り食を始める際には、獣医師と相談することをお勧めします。

犬の膀胱炎におすすめな療法食

犬の膀胱炎におすすめな療法食には、様々な種類があります。 代表的なものをいくつかご紹介します。

療法食とは、病気の治療や予防のために特別に開発されたフードのことです。 犬の膀胱炎に適した療法食は、以下の特徴があります。

  • ストルバイト結晶やシュウ酸カルシウム結晶の形成を抑える成分が含まれている。

  • 尿のpH値を調整して、結晶が溶けやすい環境を作る。

  • 膀胱粘膜を保護する成分が含まれている。

代表的な療法食をいくつかご紹介します。

愛犬の膀胱炎を治すためには、適切な治療と食事管理が必要です。 手作り食よりも、膀胱炎の犬向けに栄養調整された特別療法食をおすすめします。

ご紹介した療法食の詳細は以下にまとめました。

みらいのドッグフード結石・膀胱炎用(商品説明や価格)

みらいのドッグフード結石・膀胱用

みらいのドッグフード結石・膀胱用

みらいのドッグフード結石・膀胱炎用は、膀胱炎や尿石症を予防・改善するための療法食です。結石・膀胱炎用は、以下の特徴があります。

特徴

  • 結石成分の再結晶化を抑える

  • 尿のpHコントロール

  • 尿酸の排泄を促進

  • 消化性の高いタンパク質を使用

価格

  • 2kg3,980

  • 5kg9,240

  • 10kg16,200

その他

  • 原材料:鶏肉、玄米、とうもろこし、おから、魚粉、鶏脂、米ぬか、ビール酵母、魚油、卵、食塩、リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、塩化カリウム、DL-メチオニン、L-リジン塩酸塩、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

  • 給与量:体重1kgあたり150gが目安

給与方法

  • 獣医師の指導の下、給与量や給与期間を守ってご利用ください。

  • 万が一、愛犬の体調に異変が見られた場合は、すぐに獣医師にご相談ください。

参考資料

ロイヤルカナンユリナリー(商品説明や価格)

ロイヤルカナンユリナリーは、犬の膀胱炎をケアすることを目的に作られた療法食です。膀胱炎の症状を緩和し、再発を予防する効果が期待されています。

<商品の特徴>

  • リンの含有量を抑え、結石の形成を予防

  • 水分摂取量を増加させ、尿量を増やすことで膀胱内の洗浄を促す

  • 酸性尿を形成し、細菌の繁殖を抑える

  • 消化性に優れた成分を使用し、消化器官への負担を軽減

<価格>

ロイヤルカナン湯リナリーの価格は、以下の通りです。

  • 2kg4,800円(税抜)

  • 4kg7,800円(税抜)

  • 10kg16,200円(税抜)

価格は変更になる場合があります。最新の情報は、ロイヤルカナンの公式販売ページをご確認ください。

<獣医師への相談が大切>

ロイヤルカナン湯リナリーは、獣医師の指導のもとで使用することが推奨されています。膀胱炎の症状や程度によっては、他の治療法が必要になる場合もあります。

愛犬が膀胱炎を発症した場合は、まずは獣医師に相談し、適切な治療法についてアドバイスを受けることが大切です。

ヒルズ尿ケア(商品説明や価格)

ヒルズは、世界中の獣医師から推奨されているペットフードブランドです。膀胱炎の犬に適した療法食として、ヒルズの「c/d マルチケア」があります。

c/d マルチケアは、結石や膀胱炎の予防に効果的な療法食です。以下の特徴があります。

  • ストルバイト結石の再発を97%抑制

  • 尿pH6.26.4に調整

  • 低カロリーで、肥満予防にも効果的

c/d マルチケアの価格は、サイズや購入場所によって異なります。一般的な価格は以下の通りです。

  • 2kg:約5,000

  • 5kg:約9,000

  • 10kg:約16,000

c/d マルチケアは、動物病院やペットショップで購入できます。また、オンラインショップでも購入可能です。

c/d マルチケアは、獣医師の指示に従って与える必要があります。また、他の療法食と併用する場合は、獣医師に相談してください。

犬の膀胱炎ケアサポート

和漢の膀胱炎・結石用療法食 自然素材の手作りごはん
ロイヤルカナン尿路ケア療法食 ヒルズ尿ケア療法食
犬の尿路ケアサプリ 犬の膀胱炎おやつ

犬の膀胱炎の症状や原因、なりやすい犬種

寝転がる柴犬のイメージ画像

膀胱炎は、犬によく見られる病気の一つです。膀胱は尿を貯める袋のような臓器ですが、細菌が侵入することで炎症を起こし、さまざまな症状が現れます。

症状としては、排尿回数が増える、排尿時に痛みを伴う、血尿が出る、尿が濁っている、食欲不振、元気がないなどがあります。原因としては、細菌感染、尿路結石、腫瘍、外傷、薬の副作用などが考えられます。

膀胱炎にかかりやすい犬種は、メス犬、小型犬、肥満の犬、高齢の犬などが挙げられます。膀胱炎の症状に気付いたら、できるだけ早く動物病院を受診することが大切です。早期治療することで、症状の悪化を防ぐことができます。

犬の膀胱炎ケアサポート

和漢の膀胱炎・結石用療法食 自然素材の手作りごはん
ロイヤルカナン尿路ケア療法食 ヒルズ尿ケア療法食
犬の尿路ケアサプリ 犬の膀胱炎おやつ

犬の膀胱炎について詳しく知りたい方は、下記のヘッドラインをご覧ください。

犬の膀胱炎が疑われる症状とは?

犬の膀胱炎が疑われる症状は以下の通りです:

  1. 頻尿:
    • 短時間に何度も排尿しようとするが、少量しか出ない。
  2. 血尿:
    • 尿に血が混じる、または排尿後に陰部に血液が付着している。
  3. 排尿困難:
    • 排尿時に痛みを感じ、痛みのために犬が鳴くことがある。
    • 排尿姿勢を取るが尿が出ない、または出にくい。
  4. 尿の異常:
    • 尿が濁っている、または強い臭いがする。
  5. 行動の変化:
    • トイレ以外の場所で排泄する、頻繁に陰部を舐める。

これらの症状が見られた場合は、早めに動物病院を受診し、適切な診断と治療を受けることが重要です。

症状が現れる原因は何が考えられる?

犬の膀胱炎が発生する原因は以下の通りです。

  1. 細菌感染:
    • 尿道口から侵入した細菌が膀胱に到達し、増殖することで膀胱炎を引き起こします。特に便に含まれる細菌が原因となることが多いです。
  2. 尿路結石:
    • 膀胱内に結石や結晶ができると、膀胱の粘膜を傷つけて炎症を引き起こします。結石は尿のpHや成分、食事内容などが関係しています。
  3. 腫瘍:
    • 膀胱内に腫瘍が発生すると、膀胱炎の症状を引き起こすことがあります。特に「移行上皮がん」が多く見られます。
  4. 基礎疾患:
    • 糖尿病や副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)などの基礎疾患があると、免疫力が低下し、細菌が増殖しやすくなります。
  5. ストレス:
    • ストレスが原因で免疫力が低下し、膀胱炎を引き起こすことがあります。
  6. 外傷や膀胱腫瘍:
    • 外傷や膀胱腫瘍がある場合も、膀胱炎の原因となることがあります。
  7. 神経の異常や解剖学的な奇形:
    • 神経の異常や解剖学的な奇形により膀胱が正常に収縮せず、尿が残留することで細菌が繁殖しやすくなります。

これらの原因が複合的に作用して膀胱炎を引き起こすことが多いため、早期の診断と適切な治療が重要です。

犬の膀胱炎ケアサポート

和漢の膀胱炎・結石用療法食 自然素材の手作りごはん
ロイヤルカナン尿路ケア療法食 ヒルズ尿ケア療法食
犬の尿路ケアサプリ 犬の膀胱炎おやつ

膀胱炎にかかりやすい犬種についてい

膀胱炎を発症しやすい犬種について、以下のことがわかっています。

  1. 尿石症好発犬種:
    • シーズー、ミニチュア・シュナウザー、ダルメシアンなどの犬種は、尿石症を発症しやすく、これが膀胱炎の原因となることが多いです。
  2. 膀胱腫瘍好発犬種:
    • シェットランド・シープドック、コリー、ビーグルなどの犬種は、膀胱腫瘍を発症しやすく、これが膀胱炎の原因となることがあります。
  3. 異所性尿管好発犬種:
    • シベリアン・ハスキー、トイ・プードル、ラブラドール・レトリーバーなどの犬種は、異所性尿管を発症しやすく、これが膀胱炎の原因となることがあります。
  4. その他の犬種:
    • ジャーマンシェパード、トイプードル、ラブラドールレトリーバー、ダックスフンド、ドーベルマン、ミニチュアシュナウザーなども膀胱炎を発症しやすいとされています。

これらの犬種は、膀胱炎のリスクが高いため、特に注意が必要です。定期的な健康チェックや適切な食事管理を行い、早期発見と予防に努めることが重要です。

犬の膀胱炎ケアサポート

和漢の膀胱炎・結石用療法食 自然素材の手作りごはん
ロイヤルカナン尿路ケア療法食 ヒルズ尿ケア療法食
犬の尿路ケアサプリ 犬の膀胱炎おやつ

犬の膀胱炎の治療法には、どんなものがあるのか?

獣医師と愛犬のイメージ画像

膀胱炎を発症した犬の治療法について、以下に詳しく説明します。

1. 薬物治療

  • 抗菌薬: 細菌感染が原因の場合、抗菌薬が処方されます。尿培養検査で適切な抗菌薬を選び、通常2週間程度の投薬が行われます。難治性の場合は1カ月間の投薬が必要なこともあります。
  • 鎮痛薬: 痛みや不快感を軽減するために、鎮痛薬が使用されることがあります。

2. 食事療法

  • 特別なドッグフード: 尿路結石が原因の場合、結石を溶かす効果のある特別なドッグフードが処方されます。ストルバイト結石の場合、小さいものであれば食事療法で治せることがあります。
  • 水分摂取の増加: 水分摂取量を増やすために、ウェットフードや水を多く含む食事を与えることが推奨されます。

3. 外科手術

  • 結石の除去: 結石が大きく、食事療法で改善しない場合は、外科手術で結石を除去する必要があります。手術方法には、膀胱切開術、レーザー砕石術、体外衝撃波破砕術、経尿道的膀胱結石破砕摘出術などがあります。

4. その他の治療法

  • ストレス管理: ストレスが膀胱炎の原因となることがあるため、ストレスを軽減する環境を整えることが重要です。
  • 定期的な尿検査: 再発防止のために、定期的な尿検査を行い、早期発見と早期治療を心がけます。

これらの治療法を組み合わせて、膀胱炎の症状を改善し、再発を防ぐことが重要です。治療は獣医師の指導のもとで行い、愛犬の健康を守りましょう。

犬の膀胱炎ケアサポート

和漢の膀胱炎・結石用療法食 自然素材の手作りごはん
ロイヤルカナン尿路ケア療法食 ヒルズ尿ケア療法食
犬の尿路ケアサプリ 犬の膀胱炎おやつ

犬の膀胱炎の治療費、一般的な目安

犬の膀胱炎の治療費は、治療法や病院によって異なりますが、一般的な目安は以下の通りです:

1. 薬物治療

  • 抗菌薬: 抗菌薬の処方は、1回の診察で約2,000円~5,000円程度です。治療期間が長くなる場合は、追加の費用がかかります。
  • 鎮痛薬: 鎮痛薬の処方は、1回の診察で約1,000円~3,000円程度です。

2. 食事療法

  • 特別なドッグフード: 尿路結石を溶かす効果のある特別なドッグフードは、1袋(約2kg)で約3,000円~6,000円程度です。食事療法は長期間続ける必要があるため、継続的な費用がかかります。

3. 外科手術

  • 結石の除去手術: 結石の除去手術は、手術費用として約50,000円~150,000円程度が一般的です。手術後の入院費や術後のケア費用も追加でかかることがあります。

4. その他の治療費

  • 尿検査: 尿検査は1回あたり約1,000円~3,000円程度です。
  • レントゲン検査: レントゲン検査は1回あたり約5,000円~10,000円程度です。

これらの費用はあくまで目安であり、動物病院や地域によって異なる場合があります。具体的な費用については、かかりつけの動物病院に相談することをお勧めします。

犬の膀胱炎ケアサポート

和漢の膀胱炎・結石用療法食 自然素材の手作りごはん
ロイヤルカナン尿路ケア療法食 ヒルズ尿ケア療法食
犬の尿路ケアサプリ 犬の膀胱炎おやつ

犬の膀胱炎を予防するための方法

元気に散歩する柴犬の写真

元気に散歩する柴犬の写真

犬の膀胱炎を予防するためには、以下のポイントに注意することが重要です。

1. 水分摂取の増加

  • 水分を積極的に摂取させる: 水分摂取量を増やすことで、尿の排出を促し、膀胱内の細菌を洗い流す効果があります。ドライフードに水を混ぜる、ウェットフードを与えるなどの方法があります1

2. 定期的な尿検査

  • 尿検査を定期的に行う: 定期的な尿検査を受けることで、膀胱炎の早期発見や予防が可能です。特に一度膀胱炎を経験した犬は、定期的な検査が推奨されます。

3. トイレの清潔さを保つ

  • トイレを清潔に保つ: トイレの清潔さを保つことで、細菌の繁殖を防ぎます。排尿や排便後は、陰部を清潔に保つことも重要です。

4. ストレスの軽減

  • ストレスを与えない環境を作る: ストレスが膀胱炎の原因となることがあるため、犬がリラックスできる環境を整えることが大切です。

5. 適切な食事管理

  • バランスの取れた食事を提供する: 尿路結石のリスクを減らすために、バランスの取れた食事を提供します。特にミネラルの多い食材や硬水の摂取量に注意が必要です。

6. 適度な運動

これらのポイントを実践することで、犬の膀胱炎を予防し、健康を維持することができます。愛犬の健康管理には、定期的な獣医師の診察も欠かせません。

この記事のまとめ

膀胱炎の予防と管理には、水分摂取を増やし、バランスの取れた食事を提供し、ストレスを軽減することが重要です。定期的な尿検査やトイレの清潔さを保ち、適度な運動をさせることで、膀胱炎のリスクを減らしましょう。早期発見と適切な治療が大切です。

犬の膀胱炎ケアサポート

和漢の膀胱炎・結石用療法食 自然素材の手作りごはん
ロイヤルカナン尿路ケア療法食 ヒルズ尿ケア療法食
犬の尿路ケアサプリ 犬の膀胱炎おやつ

犬の病気関連でおすすめな記事

この他にも、犬の病気に関する記事を多く掲載しています。ぜひ、参考にしてください。

\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました