グレインフリーとは!グルテンフリーとの違い

わんちゃん ドッグトピック

グレインフリーとグルテンフリーの違いを理解するためには、まずそれぞれの概念を理解することが重要です。この記事では、それぞれの定義と、犬の健康にどのように影響を与えるかについて詳しく説明します。

\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

グレインとは

とうもろこし

グレインとは、一般的には穀物のことを指します。しかし、ドッグフードの文脈では、主に小麦、とうもろこし、大麦などの穀物を指します。

犬はグレインが苦手?

一部の犬は、グレインを消化するのが苦手な場合があります。これは、犬の消化器系が肉を主食とする食事に適応しているためです。

グルテンフリーのドッグフードが人気の理由

グルテンフリーのドッグフードは、グルテンに対するアレルギーや感受性を持つ犬にとって、消化が容易であり、栄養価が高いとされています。

グルテンとは

小麦

グルテンとは、小麦や大麦などの穀物に含まれるタンパク質の一種です。グルテンはパンやパスタなどの食品のもっちりとした食感を作り出します。

犬はグルテンも苦手?

一部の犬は、グルテンを消化するのが苦手な場合があります。これは、グルテンが犬の消化器系に負担をかけ、アレルギー反応を引き起こす可能性があるからです。

グルテンフリーのドッグフードが売れる理由

グルテンフリーのドッグフードは、グルテンに対するアレルギーや感受性を持つ犬にとって、消化が容易であり、栄養価が高いとされています。

グレインフリー・グルテンフリー(ドッグフード)の違い

食事を食べるチワワの写真

食事を食べるチワワの写真

グレインフリーとグルテンフリーの主な違いは、グレインフリーのドッグフードは穀物を一切含まず、グルテンフリーのドッグフードはグルテンを含まない穀物を使用している点です。

最新の動物栄養学では必ずしもグレインフリーが良いとは言えない

最新の研究では、必ずしも全ての犬がグレインフリーの食事を必要としているわけではないことが示されています。

市販のドッグフードはグレインの捨てる部分を材料に使用

市販のドッグフードの中には、グレインの捨てる部分を材料として使用しているものがあります。

例えば、とうもろこしであれば、コーンなどの食用部分だけでなく、捨ててしまう芯の部分も一緒に原材料として使用されているものがあります。

これは、犬の健康にとって最適な選択ではないかもしれません。

適量の穀物は犬の体に良い(とうもろこし・大麦など位の食用部分)

適量の穀物は、犬の健康にとって有益な栄養素を提供します。とうもろこしや大麦などの食用部分は、消化をサポートし、犬の健康に良いことも確認されています。

犬の健康に配慮したフードの記事紹介

フードのなくたった皿を眺める愛犬

フードのなくたった皿を眺める愛犬

犬の健康に配慮したフードの選び方についての詳しい情報は、以下の記事を参照してください。

この記事のまとめ

グレインフリーとグルテンフリーの違いを理解することは、犬の健康を考える上で重要です。しかし、必ずしも全ての犬がグレインフリーまたはグルテンフリーの食事を必要としているわけではないため、犬の健康状態や個々のニーズに合わせて適切なフードを選ぶことが大切です。

\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました