犬の腎不全や腎臓病の食事とは@手作りレシピとおすすめの療法食

寝転がる可愛い柴犬の写真 犬の腎臓病について
寝転がる可愛い柴犬の写真

犬の腎臓は体内の老廃物を排出し体内の水分や電解質を調節する重要な役割を果たますが、その機能が低下し老廃物が体内に留まってしまうのが、腎不全などの腎臓病です。

\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

腎不全や腎臓病の犬は腎臓機能が低下するため心臓病や甲状腺機能低下症など様々な症状の合併症を起こしやすい病気なので長生きするため治療とともに重要になるのが病状にそくした食事療法になります。

ここでは食事のポイントや手作りごはんのレシピや犬の腎臓病に特化したおすすめのフードランキングなど、犬の腎不全や腎臓病に適した食事についてまとめました。また、腎臓病の犬が食べてはいけないものや、その逆に良い食べ物などを説明しますのでなにかしらのお役に立てれば幸いです。

  1. 愛犬の腎臓病や腎不全で気を付ける食事のポイント
    1. 低たんぱく質
    2. リンの制限を
    3. 適度な脂質を
    4. 高消化性の炭水化物を
    5. 適正カロリーに
    6. 小分けでの食事を
    7. 定期的な水分摂取を
  2. 愛犬の腎臓病腎不全に適した食事の手作りレシピ
    1. 手作りフードのレシピ1: 鶏ささみとかぼちゃの手作りごはん
    2. 手作り食のレシピ2:トラウトと野菜の手作りフード
    3. 食事手作りのレシピ3:低リンの鶏肉と野菜の手作り食
    4. 食事手作りレシピ④さつまいもと魚のシチュー
    5. 手作り食のレシピ⑤鯖と野菜のご飯
  3. 愛犬の腎臓病・腎不全に最適な療法食のフードランキング
    1. みらいのドッグフード腎臓用(国産・無添加):1位
    2. ロイヤルカナンの腎臓サポート:2位
    3. ヒルズの腎臓ケアドッグフード:3位
    4. 愛犬の腎臓病をサポートするサプリメントについて
  4. 腎臓病の犬がたべてはいけないもの
    1. 腎臓病の犬にとっては食べて悪い肉
    2. 犬の腎臓病で食べてはいけない魚
    3. 腎臓病の犬には悪い野菜
  5. 犬の腎臓病にとって良い食べ物
    1. 食べても良い肉について
    2. 腎不全や腎臓病の犬の食事療法に良い魚
    3. 犬の腎臓病に良い野菜
  6. 腎臓病を抱える犬の症状や原因、おもな治療法について
    1. 慢性腎臓病と急性腎臓病の違い
    2. 犬の腎臓病が疑われる症状について
    3. 犬が腎臓病になる原因
    4. 腎臓病の犬に行う一般的な治療法
  7. まとめ
    1. 合併症のある犬は病気別の療法食まとめ解説をチェック

愛犬の腎臓病や腎不全で気を付ける食事のポイント

食事を食べるチワワの写真

食事を食べるチワワの写真

まず、腎臓病を発症した愛犬の食事療法におけるポイントを以下にわかりやすく説明します:

低たんぱく質

・腎臓の機能低下により、通常の食事では腎臓に負担がかかります。重要です。動物性たんぱく質(肉や魚)がより好ましいです。

リンの制限を

・腎臓病の犬はリンを十分に排出できないため、血中リン濃度が上昇します。高リン食品を制限し、リン含有量の低いフードを選ぶことが重要です。リンバインダーと呼ばれる添加剤を使用してリンの吸収を軽減することもあります。

適度な脂質を

・脂質は犬のエネルギー源として重要ですが過剰な脂質は消化に負担がかかります。

高消化性の炭水化物を

・消化しやすい炭水化物(例:白米、ジャガイモ)に考慮して腎臓への負担を軽減します。

適正カロリーに

・犬の体重を維持するために必要なカロリーだけを与えることが重要です。体重が適正範囲内に維持されるように注意してください。

小分けでの食事を

・1日の食事を3〜4回に分けて考えることで、腎臓への負担を分散させることができます。

定期的な水分摂取を

・腎臓病では脱水症状が起こりやすいため常に新鮮な水を利用できるように、十分な水分を摂取する必要があります。

腎臓病の段階や愛犬の個々の症状によって食事の適正が異なる場合がありますので、腎臓病の診断を受けた場合は、獣医師と相談しながら正しい食事療法を見つけることが重要です。後述する特別な栄養バランスの療法食フードや、栄養を調整した手作りごはんで食事療法を行います。

\犬の腎臓ケアサポート/

ネットでおすすめのケアアイテムを見る

愛犬の腎臓病腎不全に適した食事の手作りレシピ

ボイルした鶏肉の写真

腎不全や腎臓病の犬に適した手作りフードのレシピについて、食材と作り方のおすすめをいくつか紹介します。 このレシピは低たんぱく質で低リンの食材を使い、腎臓への負担を軽減します。なお、愛犬の個別の症状に合わせて調整し獣医師の指示に従って調理してください。

手作りフードのレシピ1: 鶏ささみとかぼちゃの手作りごはん

○必要な食材:
・鶏ささみ 150g
・かぼちゃ 100g
・さつまいも 100g
・白米(または低たんぱくの療法食) 1カップ

○作り方のレシピ:
・かぼちゃとさつまいもを柔らかく蒸していきます。
・鶏ささみを茹でてよく火を通し小さく刻みます。
・蒸したかぼちゃとさつまいもを潰してペースト状にし、鶏ささみと混ぜ合わせます。
・白米を炊いて、野菜と鶏ささみを混ぜて一緒に提供します。

手作り食のレシピ2:トラウトと野菜の手作りフード

○手作りに必要な食材:
・トラウト(ニジマス)フィレ 150g
・ズッキーニ 100g
・かぶ 100g
・白米(または低たんぱくの療法食) 1カップ

○手作りのレシピ:
・トラウトフィレを蒸してよく火を通し小さく刻みます。
・ズッキーニとかぶを蒸して柔らかくし潰してペースト状にします。
・トラウトと野菜のペーストを混ぜます。
・白米を炊いて、魚と野菜を混ぜたものと一緒に提供します。

食事手作りのレシピ3:低リンの鶏肉と野菜の手作り食

○手作りに必要な食材:
・皮なしの鶏の胸肉 – 400g
・さつまいも – 1本
・カボチャ – 1/2個
・ズッキーニ – 1本
・キャベツ – 2葉
・オリーブオイル – 小さじ1
・カルシウムサプリメント(獣医の指示に従って追加)

○手作り食のレシピ:
・鶏の胸肉を細かく切り、余裕のある脂肪を取り除きます。
・さつまいも、カボチャ、ズッキーニを皮を剥いて切り、キャベツも細かく刻みます。
・大きな鍋にオリーブオイルを熱し、鶏肉を炒めます。鶏肉が白くなるまで調理します。
・鶏肉が白くなったら、野菜を加えてさらに炒めます。
・約10分間、中火で野菜が柔らかくなるまで調理します。
・食材が冷めたら、カルシウムサプリメントを入れる。(獣医師の指示に従います。)

食事手作りレシピ④さつまいもと魚のシチュー

○用意する食材:
・さつまいも(蒸したり茹でたりして細かくつぶしたもの):1/2カップ
・白魚(タラ、鱈、ハダックなど):蒸したもの、1/2カップ
・ナトリウムの鶏のブロスまたは水:1カップ

○手作り食のレシピ:
・さつまいもと魚を鍋に入れ、ブロスまたは水を加えて煮ます。
・素材が柔らかくなるまで煮続けます。
・完全に冷えましてから、犬にご提供致します。

手作り食のレシピ⑤鯖と野菜のご飯

○使用する食材:
・鯖 (皮と骨を取り込んで使用)
・白いご飯
・野菜(例:ほうれん草、さつまいも)

○手作りのレシピ:
・鯖を茹で、骨を取り除いて細かく刻む。
・白いご飯を炊く。
・野菜を蒸して柔らかくし、細かく切ります。
・鯖、白いご飯、野菜を混ぜて、食事として提供する。

これらの食事手作りレシピは一例であり、犬の体重や健康状態によって適量や材料を調整する必要があります。自然食材で構成された「犬の腎臓病に対応した手作り食の通販」も便利です。

また、手作りが難しいという方は獣医師がおすすめする以下の療法食を検討してください。手作りのごはんのレシピは食材や調理法を間違うと犬に負担がかかるリスクもあるため、自信のない飼主さんには療法食がお勧めです。次はおすすめなフードをランキング形式でご紹介します。

\犬の腎臓ケアサポート/

ネットでおすすめのケアアイテムを見る

愛犬の腎臓病・腎不全に最適な療法食のフードランキング

愛犬の腎臓病の食事には特別な栄養バランスが必要になります。また、犬の症状や年齢、体重や合併症状の有無によって微調整できるものしか使い物になりません。

次は愛犬が長生きするために、獣医師が現場で推奨するものや国産で無添加な療法食フードをご紹介します。ランキング形式にはしていますが添加物や粗悪な食材を使わない安全なおすすめフードだけを取扱いますので、愛犬の状態に合わせ獣医師に相談してください。

みらいのドッグフード腎臓用(国産・無添加):1位

みらいのドッグフード公式画像

みらいのドッグフード公式画像

タンパク質・リン・ナトリウムの制限といったマイナスの栄養制限だけでなく、プラス栄養素をコントロールするというコンセプトは高級シカ肉&高品質油脂&漢方・マクロビ原料を使い制限と供給のバランスを最適化。

米や小麦といった易消化性炭水化物から大麦や玄米といった難消化性炭水化物を使い血糖値が上がりにくい工夫もされています。

さらに、細菌やウイルス感染対策として口腔ケアを取り入れたうえ、漢方の89種類の和漢食材をあやつり、高熱でも壊れないオメガ3脂肪酸も配合。

腎臓への負担軽減、筋肉維持、血液の正常化、免疫力のサポーとといった腎臓病ケアに最適な純国産のドッグフードです。

みらいのドッグフード腎臓用

みらいのドッグフード腎臓用の口コミ評判

ロイヤルカナンの腎臓サポート:2位

ロイヤルカナンの腎臓ケアフード

ロイヤルカナンの腎臓ケアフード

ロイヤルカナンは獣医師の多くが処方するフランスの有名な療法食フードでペットショップやホームセンターでも購入できます。

腎不全や腎臓病に対応したロイヤルカナンの腎臓ケアフードは、低たんぱく質で低リンのバランスが調整され、腎臓機能をサポートします。また、オメガ-3脂肪酸や抗酸化物質が含まれ、腎臓病の進行を遅らせる効果も。

ロイヤルカナン腎臓サポート

 

ヒルズの腎臓ケアドッグフード:3位

ヒルズの腎臓ケアフード

ヒルズの腎臓ケアフード

ヒルズの腎臓ケア犬用フードは、腎臓病の犬に適した低たんぱく質と低リンのバランスでオメガ-3脂肪酸と抗酸化物質を含みます。これにより腎臓への負担を軽減し炎症を抑えて健康な腎臓機能をサポートします。犬が食べやすい美味しさもあり多くの獣医師におすすめされる療法食です。

ヒルズの腎臓ケアフード

腎臓病犬に適した療法食のフードランキングは以上になります。みらいのドッグフードを1位にした理由は国産であり無添加なこと、原材料に使われる和漢食材や肉・魚、ファイトケミカルなどで構成した栄養バランスは制限するだけでけでなく必要なものをできる範囲でプラスするコンセプトが従来の療法食のわくを完全に超えているところです。

もちろん、ロイヤルカナンもヒルズも実績や信頼があり多くの獣医師に推薦されたフードですので、ランキングにとらわれず獣医師と相談してご利用ください。

愛犬の腎臓病をサポートするサプリメントについて

腎臓病や腎不全の犬の食事を補助するサプリメントの例についても説明します。以下の成分を含むもので添加物などをあまり使用していないものが良いです。

オメガ-3脂肪酸:
・EPA(エイコサペンタエン酸)およびDHA(ドコサヘキサエン酸)を含むオメガ-3脂肪酸は、炎症を軽減し、腎臓の健康をサポート。

アンチオキシダント:
・ビタミンCやビタミンE、セレニウムなどの抗酸化物質は、細胞の酸化を抑制し、腎臓の健康を助ける効果があります。

B-ビタミン:
・特にビタミンB6とビタミンB-複合体は、腎臓の機能をサポートすると考えられます。

サメ軟骨抽出物:
・グルコサミンやコンドロイチンを含むサメ軟骨抽出物は、関節の健康を維持し、腎臓の負担を軽減するためには使えないかもしれません。

L-カルニチン:
・腎不全の犬のために、L-カルニチンのサプリメントはエネルギー生産をサポート。

サプリはこちら⇒ 犬の腎臓に良いサプリメント探し

なお、これらのサプリメントについては、獣医に相談し愛犬の症状にあったものを選ぶことが大切です。

\犬の腎臓ケアサポート/

ネットでおすすめのケアアイテムを見る

腎臓病の犬がたべてはいけないもの

次は、腎臓病の犬にとって悪い食べ物をまとめました。長生きするため食べてはいけないものは以下のとおりです。

腎臓病の犬にとっては食べて悪い肉

牛肉の写真

牛肉の写真

腎不全や腎臓病の愛犬が長生きするために食べてはいけない肉の部位については以下です。 これらの部位は、特に高たんぱく質や高リン酸塩を含んでいるために、腎臓への負担を増加させる可能性があり犬腎臓病において悪い食べ物になります。

○豚肉の脂身や内臓:
・豚肉の脂身や内臓は高脂肪であり消化に負担をかける悪い肉。また、内臓も高たんぱく質が含まれているため食べてはいけない腎臓病に悪い肉です。

○鶏肉の皮や内臓:
・鶏肉の皮に​​は脂肪が多く含まれ腎臓病には悪い肉です。 内臓も高たんぱく質であり腎臓への負荷がより多くなる可能性があります。

○牛肉の脂身や内臓:
・牛肉の脂身は高脂肪であり内臓には高たんぱく質が含まれています。これらは消化に負担がかかるため食べてはいけないものです。

○鹿肉や羊肉の脂身や内臓:
・鹿肉や羊肉も脂肪が多く含まれていることがあります。内臓にも高たんぱく質が含まれているため、腎臓病の犬には悪い食べ物です。

○猪肉の脂身や内臓:
・猪肉は脂肪が多く含まれており、内臓にも高たんぱく質が含まれています。これらは腎臓への負担がかかる可能性があるため腎臓病犬が食べてはいけないものです。

これらの肉の部位は、高たんぱく質や高リン酸塩を含むため、腎臓病の犬には悪い食べ物です。 腎臓病の食事では、たんぱく質とリンの制限が重要です。

\犬の腎臓ケアサポート/

ネットでおすすめのケアアイテムを見る

犬の腎臓病で食べてはいけない魚

腎不全や腎臓病の犬が長生きするために食べてはいけない魚の種類には以下のものがあります。これらの魚には特定の有害物質が含まれ腎臓への負担が増加する可能性があるため腎臓病の犬には悪い食べ物です。なお、これらの魚でも部位や量の調節をバランスよく配合することでメリットにした療法食フードもあります。

○アジ科(ニシン、サバ、イワシなど):
・アジ科の魚は高リンの食品であり、腎臓病の犬は食べてはいけないものです。

○カツオ、マグロ:
・カツオやマグロは、高たんぱく質の食品です。 腎臓の機能低下により高たんぱく質の摂取は腎臓に負担がかかるため、これらの魚は犬の腎臓病では悪い食べ物になります。

○アンコウ:
・アンコウにはタウリンというアミノ酸が多く含まれています。腎臓病の犬は過剰なタウリンを排出できない場合がありますので、アンコウも食べてはいけないものです。

○タラ、アイナメ:
・タラやアイナメには、寄生虫が含まれることがあります。腎臓の機能低下により免疫力が弱まるため、寄生虫に感染するリスクが高まります。

腎臓病の犬には、低たんぱく質でリンが制限された食事が推奨されます。 これらの魚には高たんぱく質やリンが含まれており、腎臓にかなり負担をかけ寄生虫のリスクも考慮する必要があります。

\犬の腎臓ケアサポート/

ネットでおすすめのケアアイテムを見る

腎臓病の犬には悪い野菜

愛犬の腎臓病や腎不全では、以下の野菜を食べさせる際には注意が必要。 これらの野菜は腎臓に対して負担をかける可能性があるため獣医師の指導を仰ぐか控えることがおすすめです。なお、イモ類などは茹でるなどの調理をくわえ適量にしてメリットが上回る使い方する場合もあります。

○オニオン(タマネギ)やニンニク:
・オニオンやニンニクに含まれる亜硝酸塩がヘモグロビンの酸素運搬を考えて、貧血を考慮する可能性がありいうが食べてはいけないものです。

○トマト:
・トマトにはリコピンという成分が含まれていますが、これは腎臓に負担をかける可能性があるため腎臓病の犬が食べてはいけないものです。

○ジャガイモ:
・ジャガイモに含まれるソラニンという物質は、消化器官に負担をかけるので腎臓病の犬には悪い野菜です。

○ピーマン:
・ピーマンにもソラニンが含まれており、腎臓に負担をかける可能性があるため控えるべきです。

○アボカド:
・アボカドにはペルシンという成分が含まれています。これは犬にとって毒性があるため腎臓病の犬は食べてはいけないものになります。

○オクラ:
・オクラにはオキシラートという成分が含まれており、腎臓に悪影響を与える可能性があるため、注意が必要です。

○ルッコラ:
・ルッコラにはオキサラートという物質が含まれています。これは結石の原因になる可能性があるため腎臓病の犬は避けるべき野菜です。

○キャベツ:
・キャベツにはリンが含まれており食物繊維が豊富なので消化に負担がかかります。キャベツは茹でるなどして少量を調理して与える以外は避けるほうがいい野菜です。

\犬の腎臓ケアサポート/

ネットでおすすめのケアアイテムを見る

犬の腎臓病にとって良い食べ物

次は犬の腎臓病の食事療法で長生きすために良い食べ物について説明します。

食べても良い肉について

ささみの写真

ささみの写真

腎臓病の犬に適した良い肉の部位や種類には以下のようなものがあります。 これらの肉は消化しやすく上質なたんぱく質を提供し腎臓への負担を軽減する特徴があります。なお、鹿肉や牛肉でも部位や量の調節でバランスよく配合されたフードもありますが、手作り食に使いやすいものをピックアップしました。

○胸肉(チキン、ターキー):
・胸肉は比較的脂肪が少なく消化しやすいため腎臓病の犬に適した良い肉になります。上質なたんぱく質を含むことが特徴で消化に負担がかかりにくいです。

○ラム肉(羊):
・ラム肉は鶏肉よりもラム脂肪が多いですが他の赤身の肉よりも脂肪が少なくなります。 赤身のラム肉は高品質なたんぱく質と脂肪を提供し腎臓への負担を軽減します。

○鶏ささみ:
・鶏ささみは脂肪がほとんどなく、高たんぱく・低脂肪の食材です。消化しやすく腎臓への負担が少ないため、腎臓病の犬に適した良い肉です。。

これらの肉は、消化しやすく高品質なたんぱく質を提供し、腎臓に対する負担を減らす特徴があります。 なお、腎臓病の進行段階や犬の個別の状態によって正しい食事の詳細が異なる場合がありますので必ず獣医師と相談して正しい食事療法のプランを立ててください。

\犬の腎臓ケアサポート/

ネットでおすすめのケアアイテムを見る

腎不全や腎臓病の犬の食事療法に良い魚

\愛犬の状態に合わせて選べるフード/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード \先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/ 14日間和漢レシピを試してみる

14日間の返金保証付き
1回きりでもOKの定期割引!
定期購入で最大15,400円 お得


\獣医師処方の療法食トップ2/ ロイヤルカナンの療法食

ヒルズの療法食

鮮魚の写真

長生きするため腎臓病の犬に適した魚の種類には以下のようなものがあります。 これらの魚は消化しやすくリン含有量が比較的低いため、腎臓への負担を軽減します。

○トラウト(ニジマス):
・トラウトは比較的脂肪が少ない高たんぱく質の食材です。また、リン含有量も比較的低いため、腎臓への負担を軽減する良い食べ物です。

○サケ:
・サケも脂肪が少なく、たんく質であり、腎臓に優しい食材です。また、オメガ-3脂肪酸が豊富に含まれており、炎症を抑える効果があります。

○ホワイトフィッシュ(白身魚):
・ホワイトフィッシュは比較的脂肪が少なく、消化しやすいため腎臓病の犬に適しています。代表的なものにハダック(タラ科)やヒラメなどがあります。

○ニシン(鰊):
・ニシンも脂肪が少なくリン含有量が低いため腎臓に負担がかかりません。

これらの魚は上質たんぱく質を提供し腎臓への負担を抑えます。また、脂肪の少ない魚種であるため消化しやすいですが、調理方法に注意し塩分や添加物を控えるようにしてください。

犬の腎臓病に良い野菜

さつまいもの写真

さつまいもの写真

腎臓病の犬が長生きするために適した食べて良い野菜は以下のようなものです。これらの野菜は消化しやすくリン含有量が比較的低いため腎臓への負担を軽減します。

○かぼちゃ:
・かぼちゃは消化器官に食材でありビタミンAやカロテンが豊富です。生のかぼちゃをつぶしてペースト状にして与えるか、蒸したものを刻んで混ぜ込んでも良いでしょう。

○さつまいも:
・さつまいもも消化しやすくリンの含有量が低いため腎臓に優しい食材です。茹でたものをすりつぶすとなお消化しやすくなります。

○ズッキーニ:
・ズッキーニは低カリウムであり、リンの含有量も少ないため、腎臓病の犬に良い野菜です。蒸して柔らかくしたり茹でて与えることができます。

○かぶ:
・かぶにはビタミンCが含まれており腎臓の健康に良い野菜です。蒸して与えるか、茹でたものを細かく刻んで混ぜ込んでも良いでしょう。

これらの野菜は高品質な栄養が摂取できるという利点がありながら、腎臓にかかる負担の抑制します。加熱することで野菜の消化吸収が良くなり栄養素もより摂りやすくなります。

\犬の腎臓ケアサポート/

ネットでおすすめのケアアイテムを見る

腎臓病を抱える犬の症状や原因、おもな治療法について

最後に、犬の腎臓病で起こる症状や病気の原因、病院でおこなう主な治療法など、犬の腎臓病のポイントを説明します。

慢性腎臓病と急性腎臓病の違い

まず、慢性腎臓病と急性腎臓病の違いについて説明します。慢性腎臓病と急性腎臓病は、腎臓に関連する異なる疾患であり、以下はその主な違いをまとめたものです。

慢性腎臓病(CKD)は、通常、数か月または数年進行する進行性の疾患で、腎臓の機能が徐々にあります。主な原因には高血圧、糖尿病、長期的な薬物使用など症状は初期にはほとんど認められず、進行すると疲労、浮腫、高血圧、貧血などの症状が発生します。CKDは不可逆的で、腎臓機能の低下が緩やかに進行します。

一方、急性腎臓病(AKI)は、突然の腎臓機能の大幅な低下を特徴とする疾患です。 主な原因には薬物中毒、感染症、脱水、皮膚病などが含まれます。症状をは、吐き気、吐き気、尿の減少、混乱などが見られます。早期診断と治療が優先です。

要約すると、慢性腎臓病は進行的で持続的な腎機能の喪失を特徴とし、症状は進行するまで現れにくい。 一方、急性腎臓病はかなりな腎機能の低下を示し、急性の症状が明確にあらわれる。両疾患は異なる原因と進行パターンを持つことを覚えておくようにしましょう。

犬の腎臓病が疑われる症状について

腎臓病の症状をまとめると以下のとおりです。

初期症状は非常に軽度で、嘔吐、食欲不振、多飲多尿などの症状が一般的。進行すると、体重減少、脱水、尿量の減少、嘔吐、下痢、口臭、貧血などの激しい症状が現れることもあります。

犬が腎臓病になる原因

腎臓病は様々な原因によって生じますが、最も一般的な原因は老化に伴う自然な変化である。
他の原因として高血圧、糖尿病、感染症、遺伝による懸念、毒物摂取などがあります。

関連記事⇒ 犬 糖尿病 食事 手作りレシピ

関連記事⇒ 犬 癌 末期 食事 手作りレシピ

腎臓病の犬に行う一般的な治療法

治療の主な目的は腎臓の機能を保護し、症状の進行を遅らせることにあります。

・低リンの食事、高品質なタンパク質、制限されたを含む特別な食事療法が必要です。(前述してきた食事レシピやフードランキング対応)
・投薬療法で高血圧や貧血を管理し尿毒症の症状を軽減します。
・水分補給と栄養療法を正しく管理し、定期的な検査を行い、獣医の指示に従うことが重要です。

腎臓病は進行性疾患であり、早期の発見と適切な管理が犬の寿命と生活の質を向上させる鍵になります。愛犬の健康状態をよくモニターし、獣医師のアドバイスを仰ぐことが大切です。

もっと詳しい症状や原因、治療についての詳細は以下になります。

犬の腎臓病の症状「初期・末期」@原因や治療法まで解説
あなたの愛犬が元気がない、食欲がない、水をたくさん飲む、尿の量や色が変わるなどの症状に気づいたら、腎臓病の可能性があります。腎臓病は犬の命に関わる重大な病気で、早期発見・早期治療が必要です。 しかし、腎臓病の症状は初期には目立たないことが多...

\犬の腎臓ケアサポート/

ネットでおすすめのケアアイテムを見る

まとめ

食事を待つゴールデンレトリバーの写真

食事を待つゴールデンレトリバーの写真

腎臓病の犬の食事に関しては以上になります。手作りされる場合は食事ポイントに気を付けながらレシピを参考にチャレンジしてみてください。療法食を選ばれる方はフードランキングを参考にしていただければと思います。

合併症のある犬は病気別の療法食まとめ解説をチェック

愛犬の腎臓病は膵炎や高血圧症などの合併症を発症しやすく、合併症にも注意が必要です。また逆にそれらの病気から腎臓病を発症する場合もあるので合併症を視野い入れたフード選びも重要です。

病気別にフードを確認できるまとめ記事が参考になるかと思いますので心当たりがある方は下記もご覧ください。

犬の病気別におすすめな食事療法食@健康維持のドッグフード
病気の犬の餌に関しては、制限が必要な栄養源は避け、逆に足りない栄養素は多めに含む必要があり、病状や合併症の有無などにより特別な栄養調整が必要なため、犬の病気に対応した食事療法食がになう役目は重要です。 ここでは、ロイヤルカナンやヒルズなどの...

膵炎になった犬の食事も注意点はよく似ています。

犬の慢性・急性膵炎の食事療法@手作りフードのレシピと療法食
膵炎を発症した犬の食事管理は、膵臓への負担を軽減し回復を促進するために非常に重要なポイントです。急性膵炎の場合にはまず絶食ですが、慢性膵炎でも症状が強いケースでは絶食することがあり、状態が落ち着いてから食事療法を取り入れます。 こちらのペー...

甲状腺機能低下症と併発している場合はこちらも参考になります。

甲状腺機能低下症の犬の食事手作りレシピ

\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました