犬の胃捻転:回復期の食事手作りレシピとおすすめのドッグフード

食事を待つゴールデンレトリバーの写真 犬の消化器系疾患について
食事を待つゴールデンレトリバーの写真

犬の胃捻転は、胃が異常な位置に捻られてしまう緊急の状態を差します。血流が制限されるため、吐き気、腹部の膨張、呼吸困難などの重篤な症状が現れ、処置が遅れると急死する深刻な疾患です。

\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

胃捻転は大型犬に多く見られ、大型犬が死亡する原因の2位になっています。食後何時間かで発症するので夜中や早朝で症状が出ることが多く発見が難しい病気でもあります。

このページでは犬の胃捻転回復期の食事に関してポイント手作り食のレシピと、おすすめのドッグフードを紹介。また、病気を予防するための初期症状と原因、獣医師とのコミニュケーションをスムーズにするため治療方法についても詳しく説明します。

犬の胃捻転回復期に与える食事のポイント

胃捻転の手術を受けた犬に対する食事は、手術の性質と犬の状態に基づいて計画します。以下は一般的なガイドラインですが、獣医の指導に従うことが重要です。

絶食期間

・手術後、通常は犬を一時的に絶食させることがあります。これは、胃や腸の安定化を目的に、消化の負担を減らすためです。

液体食

・手術後の最初の数日から数週間の間、獣医は液体食を勧めることがあります。特別な処方食品や消化しやすい液体食が使用されます。

小分けの食事

・獣医師の指示の前に、少しずつに分けて食事を与えることが一般的です。 大量の食事を一度に与えないように、胃や腸を徐々に適応させます。

栄養サポート

・獣医は、適切な栄養サポートを提供するために特定のサプリメントや薬を処方することがあります。

定期的な獣医のフォローアップ

・手術後は、犬の状態を定期的に獣医に診察してもらいながら食事計画を調整することが重要です。

犬の胃捻転は重大な疾患であるため、専門家の指導を行った上で、適切なケアと食事を提供することが大切です。

犬の胃捻転回復期に適した手作りフードのレシピ

ゴールデンレトリバーの写真

胃捻転の手術を受けた犬の回復期には、獣医師の指導をしながら、消化しやすく栄養価の高い食事を提供することが重要です。

レシピは犬の個別のニーズに合わせて調整する必要があります。獣医のアドバイスに基づいて、これらのレシピをカスタマイズしてください。

手作りレシピ①ボイルドチキンと白いご飯

○用意する食材:
・皮を取り除いた鶏の胸肉
・白いご飯
・水

○手作り食のレシピ:
・鶏の胸肉を茹でて、脂肪や皮を取り除きます。
・白いご飯を炊きます。水分を十分に加えて柔らかく調理します。
・鶏の胸肉を細かく切り白いご飯と混ぜます。必要に応じて水分を加えて、胃捻転の犬に適切な食事に調整します。

手作りフードのレシピ②ボイルドハンバーガーと野菜

○用意する食材:
・低脂肪の牛ひき肉(ハンバーガー用)
・野菜(例: ほうれん草、かぼちゃ、さつまいもなど)
・水

○手作り食のレシピ:
・牛ひき肉を茹でて、脂肪を取り除きます。
・野菜を蒸して柔らかくします。
・牛ひき肉と野菜を細かく刻み込んで、必要に応じて水分を加え食事のテクスチャを調整します。

食事手作りのレシピ③サーモンとサツマイモのシチュー

○用意する食材:
・生のサーモンフィレ
・ツサマイモ
・グリーンビーンズ(さやえんどう)
・水

○手作り食のレシピ:
・サーモンフィレを蒸して骨を取り除き、肉を細かく切ります。
・サマイモを調理して柔らかく、潰してペースト状になります。
・グリーンビーンズを蒸して、細かく刻みます。
・サーモン、サツマイモ、グリーンビーンズを混ぜて、必要に応じて水分を加えて適切な食事のテクスチャに調整します。

これらのレシピは、犬の回復を助けるために消化しやすくて栄養価の高いものですが、必ず獣医師の指示に従ってカスタマイズし、特定の栄養ニーズに合わせて調整してください。

犬の胃捻転の回復期におすすめな療法食のドッグフード

消化器系のトラブルに特化した療法食もおすすめです。獣医師と栄養学の専門家が監修したドッグフードをご紹介しますので獣医師と相談のうえご検討ください。

みらいのドッグフード胃腸用(国産・無添加)

みらいのドッグフード公式画像

みらいのドッグフード公式画像

和漢食材を89種類配合し、弱った免疫力や栄養バランスを強力にサポート。胃や腸に負担となる消化や吸収に悪い食材を制限し、良質なタンパク質、死亡、食物繊維の量と質を厳格に計算し、アレルゲン原料も排除。消化器系が弱っている犬に適した栄養バランスの無添加ドッグフードです。ウェットタイプもラインナップされています。

みらいのドッグフード胃腸用 公式

 

ロイヤルカナン消化器サポート(フランス製)

ロイヤルカナン消化器サポート

ロイヤルカナン消化器サポート

ロイヤルカナンは多くの獣医師が処方する療法食のドッグフードとして有名なメーカーです。下痢や嘔吐など、消化器系のトラブルに対応した栄養バランスで缶詰のウェットタイプも用意されています。

ロイヤルカナン消化器サポート

 

ヒルズ消火器ケア(アメリカ製)

ヒルズ消火器ケア

ヒルズ消火器ケア

ヒルズもロイヤルカナンと並ぶ有名メーカーで、獣医師に処方されることの多い療法食ドッグフードがそろっています。ウェットタイプの缶詰もあり胃腸トラブルに対応した消火器ケアがよく選ばれる製品です。

ヒルズ消火器ケアへ

 

胃捻転の術後や回復期に効果的なサプリメント

犬の胃捻転の術後や回復期には、獣医の指導に基づいてサプリメントを検討することができます。以下は、一般的に効果的とされるサプリメントのいくつかです。 犬の個別の状態とニーズに合わせて、獣医と相談して検討してください。

1,プロバイオティクス:
・腸内の健康を促進し、消化をサポートするためにプロバイオティクス(善玉菌)を検討することがあります。これは特に抗生物質を投与した場合や、胃捻転の手術後に腸内バランスを回復させるのに役立ちます。

2,魚油サプリメント:
・オメガ-3脂肪酸を含む魚油は、犬の皮膚と被毛の健康、免疫システムのサポート、炎症の軽減に役立ちます。

3,ビタミンとミネラル:
・獣医によって処方されることがある ビタミンとミネラルのサプリメントは、栄養不足を補い、回復を支援します。 特にカルシウムや亜鉛、ビタミンEなどが重要です。

4,消化酵素:
・消化酵素サプリメントは、食事の消化を助け、栄養素の吸収を向上させるのに役立ちます。 特に胃捻転の手術後、消化能力が低下している可能性があるため、獣医師の指導に基づいてて使用します。

5,抗酸化物質:
・抗酸化物質サプリメントは、細胞のダメージを軽減し、免疫システムをサポートするのに役立ちます。ビタミンCやビタミンEなどが含まれています。

6,関節保護サプリメント:
・関節の健康を守るために、関節保護サプリメント(コンドロイチン、グルコサミンなど)を検討することがあります。特に高齢犬や運動が制限されている場合に重要です。

胃捻転手術後の犬むけサプリメント⇒ 「大手通販サイトで探すリンク

サプリメントの使用については、獣医のアドバイスを受けることが必要です。獣医は、犬の特定の状態やニーズに合わせて適切なサプリメントと投与量を指示します。また、犬の回復状態を定期的にモニタリングし、サプリメントの効果を確認することも大切です。

愛犬の胃捻転を疑う初期症状について

胃捻転は急速に進行する緊急の状態であり、初期の診断と治療が重要です。一般的には、犬が発症から数時間以内に非常に深刻な症状を示すことが多いですが、初期症状も存在します。

初期症状として以下のようなものが挙げられますが、個体によって初期症状が異なるケースもあり全てが該当するわけではありませんので、似たような症状が見られる場合も獣医師の診断を仰ぐようお願いします。

吐き気と唾液の増加

・犬が嘔吐を続けたり唾液が増加したりする初期症状です。

腹部の膨張

・腹部が徐々に膨張し、見た目でも確認できます。

不安と興奮

・犬が不安定で落ち着かない態度を見せます。

無呼吸または呼吸困難の症状

・膨張した腹部が呼吸を驚くことがあり、呼吸が困難になります。

嘔吐と下痢の症状

・胃捻転が進むと、嘔吐や下痢といった初期症状がみられることがあります。

衰弱

・犬が元気がなくなる、弱っているように見えることがあります。

舌の色の変化

・舌が青や紫に変色することがあります。これは酸素不足が現れた初期症状です。

これらの事態が現れた場合、獣医に即座に連絡し犬の状態を説明して適切な処置を受けることが非常に重要です。

胃拡張も初期症状に含まれます

胃拡張も胃捻転の初期症状の一部です。胃捻転が発生すると、胃と腸の位置が異常に変わり、胃の内容物やガスが正常に通過できなくなることがあります。

胃拡張は胃捻転の前段階として発症することがあり、胃が膨張することで腸の位置が変わり、胃捻転が起こるリスクが高まるわけです。胃拡張はその他の初期症状に似通ったものがあるため、下記ページで詳細を確認してください。

胃拡張になった犬の食事@手作りフードのレシピ&おすすめドッグフード
犬の胃拡張は、胃内のガスや液体が異常に膨張した状態で、消化不良、腹部膨満、吐き気などを思わせる病気です。 緊急性が高く、胃が回転してしまう胃捻転と併発することもあるのでいかに早期に発見してあげられるかがカギになります。 このページでは、胃拡...

犬が胃捻転になる原因と、予防方法の詳細

ちくわのクッションを加えた犬の写真

ちくわのクッションを加えた犬の写真

次は、犬が胃捻転を発症する原因と予防につて説明します。

予防のために原因を知る

胃捻転の原因に関する詳細です。胃捻転の主な原因として考えられているのは次の通りです。

1,大型犬の解剖学的構造:
・大型犬種は通常、深い胸部と大きな胃を持っています。胃が大きく移動しやすいため、特に大型犬が胃捻転をおこしやすいとされています。

2,食事と運動のタイミング:
・食後の運動や、活発に遊んだ後に大量の食事を摂りなどが原因で、後に胃捻転を発症するリスクの高いことが報告されています。大型犬は特に注意が必要です。

3,胃拡張:
・胃がガスで膨張してしまうことで捻転を起こす可能性があります。胃の位置が変わりやすくなるためです。

4,遺伝的要因:
・一部の研究では、特定の犬種や家系で胃捻転のリスクが高まる可能性が示唆されています。

5,高齢:
・年齢が進み高齢になるにつれて胃転のリスクが高まります。

6,神経系の異常:
・胃や消化器系の神経制御の異常が胃捻転を起こす可能性があるという研究も。これにより胃の運動や膨張が異常な方向に進行し捻転のリスクが高まるとされています。

胃捻転を予防する方法の詳細

\愛犬の状態に合わせて選べるフード/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード \先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/ 14日間和漢レシピを試してみる

14日間の返金保証付き
1回きりでもOKの定期割引!
定期購入で最大15,400円 お得


\獣医師処方の療法食トップ2/ ロイヤルカナンの療法食

ヒルズの療法食

犬の胃捻転を予防するには以下のような方法や注意点が重要。 なお、特に大型犬種に関しては、個別の犬に合わせたアプローチが必要なので獣医師のアドバイスを受け​​ながら予防していくことが大切です。

1,食前食後の運動を控える:
・食事の前や食事後の運動は胃拡張や捻転を起こしやすいため、特に大型犬は注意が必要。

2,正しい食事管理:
・一度に大量の食事を与えず、2回~4回の小分けにした食事にすると胃腸の負担が軽くなります。食事の量や内容は獣医師に相談して適切に調整しましょう。

3,食事の内容に注意:
・食事の内容を変える際は、大幅な変更を避けて徐々に行うことが大切です。 高脂肪や高繊維の食事は胃の負担が増えるため、バランスの取れた栄養を提供しましょう。

4,定期的な健康チェック:
・ 獣医師と定期的に健康チェックを行い、犬の体重や健康状態を管理します。特に胃捻転のリスクが高い犬種については、定期的な健康チェックや検査を受けてください。

5,自動給餌器の使用に注意:
・自動給餌器を使用する場合、一度に大量の餌が提供されることがないよう注意が必要です 。

6,ストレスの軽減:
・長時間の孤独やストレスが胃捻転のリスクが高めます。犬の心地よい環境を提供し、ストレスを軽減します。

胃捻転は急速に悪化する状態であるため、予防策を積極的に実施することが重要です。

胃捻転を発症しやすい犬種について

胃捻転は特に大型犬種で発生しやすい傾向があります。 以下に、胃捻転が起こりやすいとされる一部の大型犬種とその特徴について詳しく説明します。

1,ドーベルマン:
・胸部が深く腹部が狭いため胃捻転のリスクが高いとされています。

2,グレートデーン:
・世界で最も大きな犬種の一つであり、大型の体格と深い胸部が胃捻転の発症リスクを高めています。

4,サンベルナール:
・体が大きく胸が深いため胃捻転のリスクがあるとされています。

5,アイリッシュ・ウルフハウンド:
・体格が大きく胸部が深い犬種で胃捻転の可能性が考えられます。

6,ロットワイラー:
・大型で筋肉質な体格を持ち、深い胸部があり胃捻転のリスクを高めているとされています。

7,ボクサー:
・大型で筋肉質な体格を持ち、胸部が深いため、胃捻転のリスクがあるとされています。

これらの犬種は一般的に捻転のリスクが高いとされていますが、その他にも大型犬種であれば胃捻転の発症リスクがある可能性がありますが、トイプードルなどの小型犬であれば発症しないということはありません。

トイプードルやダックスといった小型犬種でも胃捻転の報告があるため、トイプードルなどの小型犬を飼っている方も初期症状や予防法に注意を払ってあげてください。

胃捻転になった愛犬の一般的な診断と治療法について

犬の病気を診断する獣医師の画像

犬の病気を診断する獣医師の画像

胃捻転は緊急の状態であり、早急な獣医の診察と治療が必要です。以下に胃捻転の診断と治療について詳しく説明します。

胃捻転の診断方法

胃捻転を疑う場合、獣医は臨床症状、犬の病歴、体格検査、および画像検査を組み合わせて診断を行います。一般的な診断手順は次のとおりです。

1,臨床症状の評価:
・吐き気、腹部の膨張、呼吸困難などの症状を評価。これによって胃捻転の可能性が高いかどうか判断されます。

2,病歴の収集:
・犬の過去の健康状態や食事、運動状況などの情報を収集します。これによって胃捻転のリスク因子が明らかになることがあります。

3,体格検査:
・獣医は犬の体格を評価し、腹部の膨張や痛みなどの異常を確認します。

4,画像検査:
・レントゲンや超音波検査などの画像検査を行い、胃の捻れや位置、膨張の程度などを確認します。これによって胃捻転の診断が確定されます。

胃捻転を起こした犬の緊急治療について

治療の選択肢は犬の状態や重症度によって異なる場合がありますが、一般的には手術が必要で以下のようなアプローチがとられます。

1,手術:
・胃捻転を解除するために手術が行われることが一般的です。 手術によって捻転した胃が元の位置に戻り、正常な血流を戻す処置ためのです。また、組織が壊死している場合もあり、そのケースでは壊死した部分を切除します。

2,胃の安定化:
・手術後、獣医は胃が正しい位置に戻り、再び捻転しないように固定する手術的な処置を行うことがあります。

サポート療法:
・手術前後もしばらくは入院が必要で、点滴療法や酸素供給などのサポート療法が行われ、犬の体調を安定させるまで体調管理が行われます。

 

犬の胃捻転は自然治癒するの?

お座りするゴールデンの写真

犬の胃捻転は自然治癒しません。腸が捻られてしまうと腸内の血流が阻害されるため、組織の壊死や毒素の放出により犬の状態は急速に悪化します。

早期の診断と迅速な治療が重要です。捻転を解除し腸を正常な位置に戻して血流を回復させる必要があります。手術が必要ですが状況によっては治療の成功率が異なる場合があります。

緊急性が高く自然治癒の可能性はほぼないため、胃捻転を疑う場合は早急に獣医師に相談し適切な処置を取ることが大切です。

犬の胃捻転は発症から何時間が危ない?

発症してから2時間~3時間以内に応急処置(救命処置)をしない場合は4割~5割の犬が急死するという臨床報告があります。犬の胃捻転は術後の管理も長くなるので24時間の管理体制が整った動物病院を見つけておくといった対策も必要です。

\病気療法の一覧と動物病院検索へのリンク/
https://inunoryouhyousyoku.com/%e6%84%9b%e7%8a%ac%e3%81%ae%e7%97%85%e6%b0%97%e3%81%ab%e9%81%a9%e3%81%97%e3%81%9f%e7%99%82%e6%b3%95%e9%a3%9f%ef%bc%9a%e7%97%85%e6%b0%97%e5%88%a5%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%b0%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%89/

手術費用も高額になる傾向にあるので、あらかじめペット保険に加入しておくのも賢明な判断といえるでしょう。

胃捻転を起こした犬にできる応急処置(緊急救命)について

犬の胃捻転は非常に深刻な状態であり応急処置だけでは治療できません。一刻も早い獣医師の専門的な緊急救命処置が一番適切なのは言うまでもありませんが、動物病院まで距離があるなど応急処置が必要なケースも考えられます。状況が許すのであれば以下のステップを参考にしてください 。

1,獣医に連絡する:
・胃捻転を疑う異常が見られる場合、まず獣医に連絡し状況を説明。獣医の指示に従って行動してください。

2,飲食を停止:
・犬には飲食させないでください。胃内の内容物が流れず状態が悪化する可能性があります。

3,とにかく安静に:
・犬を安静にさせ動き回らないようにします。状態が悪化する可能性があるため活動を制限することが重要です。

4,腹部の膨張を監視:
・腹部が膨張している場合、見た目を観察し獣医師に報告を。

5,水を与えない:
・胃捻転の状態では食べ物だけでなく水も与えないでください。

6,横向きに寝かせる:
・犬を横向きに寝かせることで胃腸の循環が少しでも確保できるかもしれません。

これらの緊急措置は状況が許す限り行うものですが、絶対に獣医師のアドバイスを受けてください。

まとめ

胃捻転は発症すること自体が重篤な状態であり予防が最善です。また、日頃から注意を払って初期症状が疑われる場合は早期に診断と治療を受けることも重要になります。獣医師の専門家の指導を受け、迅速に行動することが犬の生命を左右する鍵です。

\病気療法の一覧と動物病院検索へのリンク/
犬 療法食 おすすめ 獣医

手術費用も高額になる傾向にあるので、あらかじめペット保険に加入しておくのも賢明な判断といえるでしょう。胃腸炎の犬向け記事も参考になるはずです。

胃腸炎を患う愛犬の食事@手作り食のレシピ&おすすめドッグフード
犬の胃腸炎は、胃と腸の炎症によって置かれる消化器系の病気です。 嘔吐、下痢、腹痛などの症状が見られ、感染症、食物中毒、ストレスなどが原因としてあげられます。 このページでは犬の胃腸炎に関する食事のポイントや食事手作りのレシピ、犬の下痢や胃腸...
\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました