犬が出す糖尿病のサインを見逃さない!初期から末期症状をチェック

獣医さんと愛犬のイメージ画像 犬の糖尿病について

犬の糖尿病で一番大切なことは予防ですが、病気になってしまった場合はなるべく早く見つけて適切な治療を受けること。

\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

初期症状が出た段階で適切な治療や食事管理を行えば元気な状態で長生きできるのも糖尿病の特徴です。ここでは初期症状のチェック方法や末期症状、主な診断方法や治療まで説明するので何かしらお役に立てばと思います。

犬の糖尿病とは

まず、犬の糖尿病には主に2つのタイプがあります。1つは「1型糖尿病」で、膵臓がインスリンをほとんど生成しないタイプで犬の多くが発症するのが1型糖尿病です。

もう1つは「2型糖尿病」で、膵臓は一定量のインスリンを生成するもの、体がそれを正しく利用できないために血糖値が上昇。

1型糖尿病は遺伝的な要因が影響することが多く、2型糖尿病は肥満や運動不足などの生活習慣が原因といわれます。しかし1型糖尿病の原因も、実は粗悪な原材料のドッグフードが原因という獣医師も存在します。

糖尿病を発症した犬の余命について

寝込んでいるゴールデンレトリバーの写真

犬が糖尿病を発症した場合、その余命は個体によって異なります。 糖尿病は犬にとって重篤な病気で、余命をのばすには早期に診断し治療を開始することが重要。

糖尿病は、膵臓がインスリンというホルモンを十分に生成せず、または体がインスリンを正しく利用できない状態で血糖値が高くなり犬の体に様々なトラブルを引き起こします。しかし、犬の糖尿病は早期に治療を始めることで寿命を延ばせる場合が多々あります。

ただし、糖尿病の進行や合併症など個々の健康状態によって余命に大きな違いが生まれる。適切な治療とケアを受けることで長生きできる場合も多々ありますが、末期症状が出た犬は合併症や他の健康問題によって寿命が短くなることもありますので余命についてはいちがいに語れないわけです。

そのため、日頃からの予防、発症した場合は極力初期に病気を見つけてあげることが大切なのは共通です。次は早期発見のため、症状のチェック方法を説明します。

犬の糖尿病を疑う初期症状から余命に関わる末期症状まで

高齢のミニュチュアダックスの写真

次からは、糖尿病を疑う初期症状と、愛犬の余命に関わる糖尿病末期の症状前を解説します。

犬の糖尿病⇒初期症状をチェックする

犬が糖尿病を発症している場合、初期症状として以下のようなものが見られることがあるので愛犬をよく観察して初期症状かどうかチェックしてみてください。

○過度な水分摂取と多尿、お漏らしをチェック:
・異常に水を飲む行為が目立ち、その結果、トイレのしつけができているのに突然お漏らししたり、排尿が多くなります。お漏らしや多尿は高血糖が腎臓に影響を及ぼしているため起こる初期症状です。

○食欲の増加と体重減少をチェック:
・糖尿病の犬は食欲旺盛になりますが太るどころか体重は減少することがあります。 高血糖は体内のエネルギーの正常利用を阻害し、体脂肪や筋肉の分解を促進するため起こる初期症状です。

○不快感があり元気がないかをチェック:
・糖尿病が原因で起こる体内のさまざまなトラブルが原因で犬は元気がなく倦怠感を感じることがあります。

○体毛の変化や脱毛をチェック:
・症状の一部として、被毛が乾燥して艶がなくなったり脱毛が起こったりすることがあります。

○白内障は要注意:
・糖尿病は、犬の目の水晶体に影響を与える可能性があるため、白内障を併発することがあります。

これらの初期症状をチェックして愛犬に同じ症状が見られた場合は、早めに獣医師に相談することが重要です。適切な検査と診断を受け、適切な治療と管理を行うことで、糖尿病の犬の生活の質を向上させることが可能です。

糖尿病が進行した犬の末期症状をチェック

犬の糖尿病が進行して末期に至ると、以下のような重篤な末期症状が現れることがあります。末期症状は、すぐに動物医学的な対処が状態です。

○健康状態の悪化:
・糖尿病が進行すると体内ブドウ糖の代謝が乱れエネルギー不足や栄養不良を起こすため全体的に健康状態が誰がどう見ても見てもわかるほど悪化します。

○高血糖による合併症:
・高血糖が続くと、神経や血管にダメージを与える合併症が発生する可能性があり末期症状です。例えば、神経障害による神経痛や手足のしびれ、白内障や網膜症などが挙げられます。

○体重の大幅な低下:
・糖尿病が進行すると、体内のエネルギー代謝が乱れ体重が急激に減少することも末期症状の可能性があります。

○著しい食欲低下:
・高血糖や合併症の影響で、犬の食欲が低下し、食事摂取量が極端に減るのも末期症状の場合があります。

○激しい体力低下:
・糖尿病が進行すると、エネルギー不足によって犬の体力が低下し、一般的な活動がほぼ困難になります。

○後ろ足が震えたり歩き方がおかしい:
・エネルギー不足で後ろ足の筋力が弱ったり、神経にダメージを受けて後ろ足をうまく動かせないなど、歩き方がおかしくなる末期症状がおこることがあります。

○呼吸困難:
・重篤な状態では呼吸困難が起こります。呼吸困難は命の危険が迫る末期症状です。

末期症状が起こる理由は、高血糖が体内の様々や組織にダメージを与えるためです。 特に神経や血管に影響が及ぶことで、神経障害循環器系の合併症が発生します。血糖が免疫系にも影響を与え、感染症への抵抗力が低下することもあります。

末期症状が現れた場合は、犬の健康状態が深刻な状況であることを示しています。このような場合は、ただちに獣医師に相談し、適切な治療やケアを行うことが重要です。

愛犬の糖尿病治療をしない選択をする飼主さんへのアドバイス

寝転がる柴犬のイメージ画像

犬の糖尿病は治ることがないとも言われる病気ですが、インスリン注射や特別な食事管理、運動、定期的な獣医師のこれらの治療を行うことで、犬の血糖値をコントロールし、合併症のリスクを減らすことができます。

しかし、犬の糖尿病の治療にはコストや手間の問題で満足な治療が受けられなかったり、合併症の問題で糖尿病の治療を続けることが難しい場合もあります。

ただ、コストの問題で治療しない選択をする場合は診察だけであれば数千円で済むので獣医師のアドバイスは受けることは可能だと思います。糖尿病犬の食事管理や運動についてのポイントを教えてもらうようにしましょう。また、お金の問題ならペット保険やクラウドファンディングなどもあるので活用できるようであればそちらもご検討下さい。

ペット保険 比較サイト
クラウドファンディング Makuake」「READYFOR

合併症の問題で治療しない選択をした場合は、獣医師のアドバイスのしたがって基礎疾患への治療と糖尿病の症状をケアにもあたっていきましょう。どちらにしても食事管理は必須となるので、症状が進んでいる場合はなおさら一度は獣医師に相談するのが大切です。

犬の病気別におすすめな食事療法食@健康維持のドッグフード
病気の犬の餌に関しては、制限が必要な栄養源は避け、逆に足りない栄養素は多めに含む必要があり、病状や合併症の有無などにより特別な栄養調整が必要なため、犬の病気に対応した食事療法食がになう役目は重要です。 ここでは、ロイヤルカナンやヒルズなどの...

犬の糖尿病が治ったケース

元気に走る柴犬の写真

元気に走る柴犬の写真

犬の糖尿病が治癒することは稀ですが、一部で治癒が報告されています。 糖尿病は慢性疾患で多くのケースでは生涯の管理が必要ですが、いくつかの条件を満たす場合に治癒することがあるかもしれません。

治癒の可能性が高まる条件がわかるケースや事例は以下の通り。

○早期の発見と治療が適正だった:
・糖尿病の早期発見と正しい治療が行われ、症状を改善して治った例では合併症の予防もできたというケースがありました。

○体重管理と食事療法で治った:
・肥満が糖尿病の原因となる場合、体重管理と正しい食事療法が行われることで症状が改善し治ったとされる報告もあります。

犬の糖尿病は食事療法が必須:手作りフードや食べてはいけないもの
糖尿病を発症した犬は、膵臓が十分なインスリンを生成できないか、体が正しくインスリンを利用できない状態です。犬の糖尿病では食事療法が治療の一部なので、食事による犬の健康維持と血糖値の管理が非常に重要となります。 ここでは糖尿病になったの食事管...

○膵炎の治療が功を奏した:
・糖尿病が膵炎などの他の病気によって行われる場合、その原因を治療することで糖尿病が治った事例があります。

膵炎の詳細⇒ 犬 膵炎 症状や原因

○合併症の軽減と完治が好影響を:
・糖尿病に関連する合併症の軽減や完治する影響で症状が改善し、治ったケースがあります。

ただし、糖尿病の治癒はケースバイケースであり、全ての犬に適用されるわけではありません。 治癒の可能性がある場合でも、定期的な獣医師の診察と管理が必要です。

犬が糖尿病になる主な原因を知ろう

ビーグルの写真

冒頭でも少し触れましたが犬が糖尿病になる原因は複数あります。主な原因は以下の通りです。

1型糖尿病の原因

・1型糖尿病は膵臓がインスリンをほとんど生成しないことによって起こる。 具体的な原因は不明ですが、遺伝的な問題や免疫系の異常が関与していると考えられています。

2型糖尿病の原因

・インスリンをうまく使えない2型糖尿病は主に肥満や運動不足が原因とされますが、遺伝的な問題も関与することがあります。肥満によって体の細胞がインスリンの効果を受けにくくなり血糖値が上昇。また、代謝トラブルにより体内エネルギーが減少するためインスリンの効果が低下します。

膵炎が原因になる場合

・膵炎による膵臓の炎症を起こしたことによる膵臓の機能障害が糖尿病の原因になる場合があります。膵炎は外傷や感染、腫瘍などによって起こることも。

特定の薬物が原因になる場合

・一部の薬物、特にステロイド薬や一時の高用量のステロイドの使用は、犬の糖尿病の原因となることがあります。

ホルモンの異常が原因になるケース

・ホルモン異常症や内分泌系の疾​​患の一部が犬の糖尿病に関与することがあります。

これらの原因は一般的なものですが、ほかにも糖尿病の発症には複雑な問題が絡んでいることがあります。 犬の糖尿病のリスクを減らすためには、バランスの取れた食事、正しい運動、定期的な獣医師の診察を受けることが大切です。

犬糖尿病の診断方法

外国人獣医師とゴールデンの画像

犬の糖尿病の診断方法は、症状と臨床所見に基づいて行われます。以下は一般的な診断方法です。

症状の評価

・頻尿、多飲、体重減少、食欲の変化などの症状を観察した飼主への聞き取りや診察歴があれば過去のカルテを参考に症状を評価。

獣医師の観察

・獣医師は犬の今現在の状態を評価し体重減少や​​脱水などの臨床所見を調べます。

血液検査

・糖尿病の血液検査は犬の糖尿病で最も一般的に使われる診断方法のひとつです。血液検査は犬の血液サンプルを採取し血糖を測定したうえで数値を確認します。

グルコース負荷試験

・正常時の血糖値が正常である場合でも、犬にブドウ糖を摂取させ、その後の血糖値の変化を観察することで糖尿病の診断を補完することがあります。

尿検査

・尿中糖やケトン体の検査も行われることがあります。 糖尿病の場合、尿中に糖が検出されることがあります。

その他の検査

・獣医師が糖尿病の原因を特定するために、膵臓疾患の機能評価や他の合併をする検査があります。

これらの検査結果と症状の評価に基づいて獣医師は犬の糖尿病の診断を行います。

犬の糖尿病でおこなわれる主な治療法

注射を打つ小型犬の写真

犬糖尿病の治療は、獣医師の監督の下で行います。一般的な治療方法には以下のようなものがありますので参考にしてください。

インスリン注射

\愛犬の状態に合わせて選べるフード/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード \先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/ 14日間和漢レシピを試してみる

14日間の返金保証付き
1回きりでもOKの定期割引!
定期購入で最大15,400円 お得


\獣医師処方の療法食トップ2/ ロイヤルカナンの療法食

ヒルズの療法食

・1型糖尿病または一部の2型糖尿病の場合、犬にはインスリン注射が必要になることも。これにより犬の血糖値を正常範囲にコントロールすることができます。

食事療法

・特別な糖尿病用の食事を考えることが重要です。低炭水化物で高たんぱくな食事をすることで、血糖値の上昇を考慮できます。食事療法の詳細は「犬の糖尿病の食事レシピ」に詳しく書きましたのでそちらをご覧ください。

適切な運動

・適度な運動を取り入れることで、犬の体重を管理しインスリンの効果を改善することができます。

定期的な血液検査

・治療中は定期的な血液検査も大切。 血糖の数値をモニタリングし、適切な治療法を確立するために重要です。

合併症の管理

・糖尿病によって行われる合併症(例:神経障害、目の問題など)がある場合は、それらの合併症に対する治療も行われることがあります。

糖尿病の治療は犬の個体差や病状に応じて異なります。 飼い主は獣医師のアドバイスに基づき、定期的な健康チェックと治療を行うことで、犬の健康と生活の質をサポートすることが重要です。

治療にかかる一般的な費用

犬の糖尿病にかかる費用は、治療法や犬の個体差によって異なりますが一般的な費用の一部は以下の通りです。

・獣医師の診断費用:2,000円~10,000円程度
・血液検査や尿検査:5,000円~20,000円程度
・インスリン注射器や注射ペン:500円~2,000円程度(1本あたり)
・インスリン剤:10,000円~30,000円程度(1本あたり、数週間分)
・糖尿病用特別食やサプリメント:5,000円~15,000円程度(数週間分)
・定期的な獣医師の診察:1,000円~5,000円程度(1回あたり)

また、合併症がある場合や特殊な治療が必要な場合は別途費用がかかる可能性あり。犬の糖尿病治療は期間や犬種によっても変動します。ペット保険の利用や定期的な健康診断を活用することで、費用を抑えることができる場合もあります。

糖尿病と併発しやすい犬の合併症

犬の糖尿病と併発しやすい合併症には以下のようなものがあります:

○膵炎:
・膵炎の炎症を受け膵臓が損傷することで糖尿病の原因となる場合があります。また、すでに糖尿病の犬で膵炎が併発することもあります。

犬の急性膵炎・慢性膵炎の症状とは!それぞれの対処法
犬の膵炎とは、膵臓という臓器が炎症を起こす病気です。膵臓は消化液やインスリンなどのホルモンを分泌する重要な役割を担っています。膵炎になると、膵臓の細胞が自ら消化液によって傷つけられたり、インスリンの分泌が乱れたりすることで、さまざまな症状や...

○クッシング症候群:
・クッシング症候群は副腎皮質ホルモンの過剰分泌によっておこされます。 糖尿病との併発は、それぞれの病気が代謝や内分泌系に影響を与えるためです。

犬クッシング症候群のサイン!初期から末期症状、治療法一覧ガイド
犬のクッシング症候群は、副腎皮質ホルモンの過剰分泌による内分泌疾患で、多飲・多尿、腹部膨満、皮膚病変などの症状が見られる病気で治ることがないと言われています。 ただ、治ることがないにしても初期に発見して適切な治療と食事制限をすれば元気で寿命...

○甲状腺機能低下症:
・甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモンの不足による疾患です。 糖尿病と併発することで、代謝が乱れて症状が悪化する可能性があります。

愛犬が甲状腺機能低下症かも:初期から末期の症状とその原因を知る
甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモンの分泌が不足し代謝が低下する病気で様々な症状を引き起こし、末期になると改善が難しく、クッシング症候群や膵炎や癌などといった合併症を伴います。 この病気は治ることがないと言われていますがちゃんと治療すれば寿命も...

○腎不全:
・高血糖が腎臓に関わることで腎機能が低下し、腎不全が発生することがあります。 腎不全は糖尿病の合併症としてよく知られています。

犬の腎臓病の症状「初期・末期」@原因や治療法まで解説
あなたの愛犬が元気がない、食欲がない、水をたくさん飲む、尿の量や色が変わるなどの症状に気づいたら、腎臓病の可能性があります。腎臓病は犬の命に関わる重大な病気で、早期発見・早期治療が必要です。 しかし、腎臓病の症状は初期には目立たないことが多...

○白内障:
・糖尿病による高血糖が目の水晶体に続くことで、白内障が発生することがあります。

○癌(腫瘍):
・一部の研究では、糖尿病と癌の発症リスクに関連があるとされていますが、その関係は複雑でよくわかっていません。

犬が発症しやすい癌の初期症状をチェック:末期の緩和ケアと治療
犬の癌は細胞の異常増殖によって起こる病気で、正常な組織を侵食し進行すると臓器や組織が機能不全になり死に至ります。日本国内での犬の死亡原因の1位が癌であり、最も警戒が必要な犬の病気です。 ここでは、犬が発症しやすい癌の種類や、早期に見つけるた...

これらの合併症が糖尿病と併発しやすい理由は、糖尿病が体内の代謝や内分泌系に広範囲な影響を与えるため。 特に高血糖が体の臓器や組織にダメージを与えるため、さまざまな病気のリスクがあります。

まとめ

糖尿病になった犬に現れる症状や原因、治療法などについて説明させていただきました。糖尿病は他疾患との併発率も高く進行するととても厄介です。

ただし、文中に何度もお伝えしましたが、早めに適切な治療や食事管理を行うことで多くの犬が長生きして寿命をまっとうできる病気でもあるので初期症状をチェックし早めの受診をお願いします。

関連記事をチェック

糖尿病の犬の食事のすべてについては以下から

犬の糖尿病は食事療法が必須:手作りフードや食べてはいけないもの
糖尿病を発症した犬は、膵臓が十分なインスリンを生成できないか、体が正しくインスリンを利用できない状態です。犬の糖尿病では食事療法が治療の一部なので、食事による犬の健康維持と血糖値の管理が非常に重要となります。 ここでは糖尿病になったの食事管...

獣医師探しや病名別のフード選びは以下から

犬の病気別におすすめな食事療法食@健康維持のドッグフード
病気の犬の餌に関しては、制限が必要な栄養源は避け、逆に足りない栄養素は多めに含む必要があり、病状や合併症の有無などにより特別な栄養調整が必要なため、犬の病気に対応した食事療法食がになう役目は重要です。 ここでは、ロイヤルカナンやヒルズなどの...

 

\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました