犬の腎臓病の症状「初期・末期」@原因や治療法まで解説

獣医の診察を受ける犬の写真 犬の腎臓病について
獣医の診察を受ける犬の写真

あなたの愛犬が元気がない、食欲がない、水をたくさん飲む、尿の量や色が変わるなどの症状に気づいたら、腎臓病の可能性があります。腎臓病は犬の命に関わる重大な病気で、早期発見・早期治療が必要です。

\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

しかし、腎臓病の症状は初期には目立たないことが多く、気づいたときにはすでに進行している場合もあります。この記事では、犬の腎臓病の種類や原因、症状、治療法などについて詳しく解説します。あなたの愛犬の健康を守るために、ぜひ参考にしてください。

犬の腎臓病とは

シーズーの元気な写真

シーズーの元気な写真

犬の腎臓病とは、腎臓の機能が低下する病気の総称です。腎臓は、体内の老廃物や余分な水分を尿として排出する役割を担っています。また、血圧や水分・電解質のバランスを調節したり、赤血球の生成を促したり、ビタミンDの活性化なども行っています。腎臓の機能が低下すると、これらの働きがうまくできなくなり、体内に老廃物や水分が溜まってしまいます。これが、腎臓病の症状の原因になります。

犬の腎臓病には、大きく分けて慢性腎臓病急性腎臓病の2種類があります。慢性腎臓病は、腎臓の細胞が徐々に死んでいき、機能が低下していく病気です。原因は不明なことが多く、加齢や遺伝的な要因が関係していると考えられています。急性腎臓病は、腎臓に急激なダメージが与えられて、機能が急速に低下する病気です。原因は、感染症や薬剤の副作用、毒物の摂取、腎臓の血流の減少などがあります。

犬の腎不全を予防する確実な方法はない?

元気のないシーズーの写真

犬の腎臓病は、完全に治すことができる病気ではありません。一度腎臓の細胞が死んでしまうと、再生することはできません。そのため、腎臓病の治療の目的は、腎臓の機能の低下を遅らせることや、症状を緩和することにあります。

腎臓病の予防には、定期的な検診や食事の管理、水分の補給などが重要です。しかし、これらの方法でも、腎臓病を完全に防ぐことはできません。腎臓病の発症には、個体差や環境要因などが影響していると考えられています。そのため、腎臓病を予防する確実な方法は、残念ながら存在しません。

犬の腎臓病の症状について

犬の腎臓病の症状は、腎臓病の種類や進行度によって異なります。一般的に、慢性腎臓病の症状は、初期には目立たないことが多く、徐々に現れてきます。

急性腎臓病の症状は、突然発症することが多く、重篤な状態になることもあります。以下に、慢性腎臓病と急性腎臓病の主な症状を示します。

慢性腎臓病の症状

– 食欲不振
– 体重減少
– 水をたくさん飲む
– 尿の量や色が増える
– 嘔吐
– 下痢
– 口臭
– 口内炎
– 貧血
– 血圧上昇
– むくみ
– ぼーっとする
– けいれん
– 昏睡

急性腎臓病の症状

– 食欲不振
– 体重減少
– 水をたくさん飲む
– 尿の量や色が減る
– 血尿
– 嘔吐
– 下痢
– 腹痛
– 発熱
– ぐったりする
– ショック
– 昏着

早期発見のポイント

シーズーの写真

シーズーの写真

犬の腎臓病は、早期発見・早期治療が重要です。早期に治療を始めることで、腎臓の機能の低下を遅らせることができます。また、症状を緩和することで、愛犬の快適な生活をサポートできます。腎臓病の早期発見のポイントは、以下の2つです。

検査キットを使う

\愛犬の状態に合わせて選べるフード/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード \先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/ 14日間和漢レシピを試してみる

14日間の返金保証付き
1回きりでもOKの定期割引!
定期購入で最大15,400円 お得


\獣医師処方の療法食トップ2/ ロイヤルカナンの療法食

ヒルズの療法食

市販の検査キットを使って、愛犬の尿を定期的にチェックすることがおすすめです。検査キットは、尿の比重やpH、タンパク質、グルコースなどを測定できます。

これらの値が異常になると、腎臓病の可能性が高くなります。検査キットは、ペットショップやインターネットで購入できます。検査方法は、検査キットに付属の説明書に従って行ってください。

検診を受ける

検査キットだけでは、腎臓病の診断はできません。検査キットで異常が見つかった場合はもちろん、愛犬に腎臓病の疑いがある場合や前述した症状に当てはまる場合は、すぐに獣医に相談してください。

獣医は、血液検査や尿検査などを行って、腎臓病の診断や進行度を判断します。また、腎臓病の原因や合併症の有無も調べます。これらの検査結果に基づいて、適切な治療法や食事療法を指示してくれます。

犬が腎不全などの腎臓病になる原因について

おむつ姿の老犬の写真

おむつ姿の老犬の写真

犬が腎不全などの腎臓病になる原因は、慢性腎臓病と急性腎臓病で異なります。以下に、それぞれの原因について説明します。

慢性腎臓病の原因

慢性腎臓病の原因は、はっきりとは分かっていません。多くの場合、特定の原因が見つからないまま、腎臓の機能が低下していきます。しかし、以下のような要因が関係していると考えられています。

〇加齢
:犬の腎臓は、年齢とともに細胞が死んでいきます。そのため、高齢の犬ほど腎臓病になりやすいです。

〇遺伝
:犬の腎臓病には、遺伝的な要因が大きく影響しています。特に、シーズー、ミニチュア・シュナウザー、ノーフォーク・テリア、サモエドなどの犬種は、先天的に腎臓の形や構造に異常があることが多く、腎臓病になりやすいです。

〇免疫系の異常
:犬の免疫系が正常に働かないと、腎臓に炎症や損傷を引き起こすことがあります。例えば、アレルギーや自己免疫疾患などが腎臓病の原因になることがあります。

〇代謝異常
:犬の代謝が異常になると、腎臓に負担がかかります。例えば、糖尿病や高血圧、高脂血症などが腎臓病の原因になることがあります。

〇慢性的な腎臓の炎症や感染
:犬の腎臓に長期間にわたって炎症や感染が起こると、腎臓の細胞が傷つきます。例えば、腎盂腎炎や腎結石などが腎臓病の原因になることがあります。

急性腎臓病の原因

急性腎臓病の原因は、腎臓に急激なダメージが与えられることです。以下のような要因が関係しています。

〇感染症
:犬の腎臓に感染が起こると、腎臓の機能が急速に低下します。例えば、レプトスピラやエルリキアなどの細菌や寄生虫が腎臓病の原因になることがあります。

〇薬剤の副作用
:犬に投与する薬剤には、腎臓に毒性があるものがあります。例えば、抗がん剤や抗生物質、鎮痛剤などが腎臓病の原因になることがあります。薬剤の投与は、必ず獣医の指示に従って行ってください。

〇毒物の摂取
:犬が毒物を食べたり飲んだりすると、腎臓にダメージを与えます。例えば、アンチフリーズやラットキラー、ユリ科の植物などが腎臓病の原因になることがあります。毒物は、愛犬の手の届かないところに保管してください。

〇腎臓の血流の減少
:犬の腎臓に十分な血液が届かないと、腎臓の機能が低下します。例えば、脱水や出血、心不全などが腎臓病の原因になることがあります。愛犬には、常に新鮮な水を与えてください。

腎臓病を発症した犬の治療法について

犬の病気を診断する獣医師の画像

犬の病気を診断する獣医師の画像

犬の腎臓病の治療法は、腎臓病の種類や進行度によって異なります。一般的に、慢性腎臓病の治療は、食事療法や薬物療法などの対症療法が中心です。

急性腎臓病の治療は、腎臓のダメージを回復させるために、点滴や輸血などの積極的な治療が必要です。以下に、それぞれの治療法について詳しく説明します。

外科手術はできる病院や獣医が限られている

犬の腎臓病の最終的な治療法は、外科手術です。外科手術には、腎臓移植や人工腎臓などがあります。腎臓移植は、他の犬から腎臓を提供してもらって、愛犬の腎臓と入れ替える手術です。

人工腎臓は、機械で血液を浄化する治療です。これらの手術は、腎臓の機能を回復させることができますが、高度で高額な治療です。また、適切なドナーの確保や拒絶反応のリスクなどの問題もあります。そのため、できる病院や獣医は限られています。外科手術を希望する場合は、獣医に相談してください。

慢性腎臓病の治療法

慢性腎臓病の治療法は、腎臓の機能の低下を遅らせることや、症状を緩和することを目的としています。以下のような治療法があります。

〇食事療法
:腎臓に負担をかけないように、食事の内容や量を調整します。一般的に、タンパク質やリン、ナトリウムなどの摂取量を減らすことが推奨されます。市販の腎臓病用のドッグフードや、獣医の指示に従って手作りの食事を与えます。また、水分の補給も重要です。常に新鮮な水を与えてください。

〇薬物療法
:腎臓の機能をサポートするために、薬物を投与します。例えば、利尿剤や血圧降下剤、貧血改善剤、ビタミンD補充剤などがあります。薬物の種類や量は、獣医の判断によります。薬物の投与は、必ず獣医の指示に従って行ってください。

〇補助療法
:腎臓病の症状を緩和するために、補助的な治療を行います。例えば、点滴や輸血、口腔ケア、マッサージなどがあります。これらの治療は、愛犬の体調や状態に応じて行います。獣医のアドバイスを参考にしてください。

急性腎臓病の治療法

急性腎臓病の治療法は、腎臓のダメージを回復させることを目的としています。以下のような治療法があります。

〇原因の除去
:腎臓病の原因となった感染症や毒物などを除去することが重要です。感染症の場合は、抗生物質などの薬物を投与します。毒物の場合は、吐き出させたり、胃洗浄や腸洗浄などの処置を行います。原因の除去は、できるだけ早く行う必要があります。

〇点滴
:腎臓の機能が低下すると、体内に老廃物や水分が溜まってしまいます。これを排出するために、点滴を行います。点滴には、水分や電解質、栄養素などを含む液体を静脈に注入します。点滴の量や内容は、愛犬の状態によって調整されます。

〇輸血
:腎臓の機能が低下すると、赤血球の生成が減少し、貧血になります。これを改善するために、輸血を行います。輸血には、他の犬から提供された血液を静脈に注入します。輸血の量や回数は、愛犬の状態によって決められます。

腎不全など腎臓病になりやすい犬種について

ミニチュアダックスと獣医師の画像

犬の腎臓病には、個体差や環境要因などが影響していますが、犬種によっても発症しやすさに違いがあります。特に、以下のような犬種は、腎臓病になりやすいと言われています。

〇シーズー
:シーズーは、先天的に腎臓の形や構造に異常があることが多く、腎臓病になりやすいです。特に、腎臓の一部が欠損している「腎形成不全」という病気にかかる確率が高いです。

〇ミニチュア・シュナウザー
:ミニチュア・シュナウザーは、代謝異常によって腎臓病になりやすいです。特に、尿にタンパク質が多く出る「尿蛋白症」という病気にかかる確率が高いです。

〇ノーフォーク・テリア
:ノーフォーク・テリアは、遺伝的に腎臓の機能が低下する「家族性腎症」という病気にかかる確率が高いです。この病気は、若い犬に発症することが多く、予後が悪いです。

〇サモエド
:サモエドは、免疫系の異常によって腎臓病になりやすいです。特に、腎臓に炎症を起こす「腎糸球体炎」という病気にかかる確率が高いです。

 

まとめ

犬の腎臓病は、腎臓の機能が低下する病気で、犬の命に関わる重大な病気です。腎臓病には、慢性腎臓病と急性腎臓病の2種類があります。腎臓病の原因は、加齢や遺伝、感染症や毒物などがあります。

腎臓病の症状は、食欲不振や体重減少、水をたくさん飲む、尿の量や色が変わるなどがあります。腎臓病の治療法は、食事療法や薬物療法、点滴や輸血などがあります。

外科手術は、最終的な治療法ですが、高度で高額な治療です。腎臓病の予防には、定期的な検診や食事の管理、水分の補給などが重要です。腎臓病になりやすい犬種もありますが、個体差や環境要因も影響しています。あなたの愛犬の健康を守るために、腎臓病の早期発見・早期治療に努めてください。

\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました