犬の心臓病の症状をチェック「初期から末期」原因や治療まで解説

寝転がる柴犬のイメージ画像 犬の心臓病について

主な犬の心臓病には、僧帽弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、心筋症などがあります。これらの病気の進行状況は一般的にステージ1~ステージ4に分けられ、それぞれの原因や症状に合わせた治療が行われます。

\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

こちらでは犬の心臓病の初期から末期の症状や原因、予防で気を付けることや治療方法まで解説しますので、早期発見や予防のお役に立てば幸いです。

犬の心臓病の症状をチェック

元気に散歩する柴犬の写真

元気に散歩する柴犬の写真

犬の心臓病で気を付けることはなんといっても早期発見と予防で、以後の余命もそうですが症状が進行して末期になると生活の質が悪くなり苦しい毎日を送る可能性が高くなります。

犬の心臓病を早期に発見するためには以下の初期症状に注意を払うことが重要で余命が長くなるなるかどうかも早期発見が大事。以下は、犬の心臓病の初期の症状です。

呼吸の異変

犬が休息中に頻繁に息を切ったり、ゼーゼーとした呼吸が見られる症状があります。

頻繁な咳

特に寝ているときや安静な状態で咳(せき)が頻繁に起こる場合があります。特に夜間に咳が増える症状です。

活動性の低下

普段よりも散歩遊びが少なくなったり、疲れやすくなったりする症状があります。

食欲不振の症状

元気がなく食事を残したり食べなくなることがあります。

嘔吐や下痢の症状

心臓が進むと、吐いたり便が緩くなるなど胃や腸にも問題がある場合があります。

腹部の膨張らみ症状

腹水(腹腔内に水が溜まる)が発生することで、腹部が膨張する症状がでます。

足の浮腫の症状

心臓のポンプ機能が低下すると、体液が体の組織に滞留、足や腹部がむくむことがあります。

舌や歯茎の変色

心臓病が進行すると酸素不足が起こり、舌や歯茎が青く変色する症状をともなうことがあります。

これらの症状が1つ以上見られる場合は、すぐ獣医に相談、適切な検査を受けることが重要です。 心臓病は早期発見が重要であり適切な治療や管理が行われることで、犬の生活の質を向上させることができます。

犬の心臓病の症状のステージについて

専門家や組織によってステージの分け方がいくつか異なることがあります。したがって、以下の情報は一般的なガイドラインなので、具体的な診断や治療は獣医師の専門的な意見が必要です。

犬の心臓病のステージ1

このステージでは、犬は心臓病の初期段階にあり、通常の症状はほとんど見られません。獣医師が偶然に心臓の問題を発見することがあるかもしれませんが、犬自体は一般的に前向きで元気です。

犬の心臓病のステージ2:進行初期

このステージでは、犬が軽度の症状を示すことがあります。例えば、運動後の息切れや呼吸困難、咳が現れることがあります。 治療や生活スタイルの改善によって症状を軽減することができることもあります。

犬の心臓病のステージ3:進行中

このステージでは、犬の心臓病が進行しており、症状がより明確に現れるように。 犬は比較的軽い運動でも呼吸が困難になり、くしゃみや咳が増えることもあります。また、食欲不振や体重減少も見られる。

犬の心臓病のステージ4:末期

ステージ4では、犬の心臓病が進行して症状も末期で余命を気にする段階です。 犬はほとんど活動せず、休息中でも呼吸困難を経験します。 体重減少や​​筋肉の萎縮が進行し、全身の倦怠感で治療が難しい場合が多く、対症療法的なアプローチが中心となります。症状の緩和や快適な生活をサポートすることが目的となります。

犬心臓病のステージ4の余命

正確な余命は獣医師にもわかりませんが、末期のステージ4から肺水腫を発症すると余命は半年から一年弱と言われています。

犬が心臓病を発症する原因

横たわる柴犬の画像

犬の心臓病の原因は様々ですが、主な原因として以下のようなものが挙げられます。

原因①先天性の心臓病

犬が生まれつき心臓の形や構造に問題がある場合があります。先天性心臓病は犬が生まれる前から存在し、生後数週間から数ヶ月で症状が現れます。

原因②高齢化による変化

年齢の進行とともに、犬の心臓にも変化が起こります。老化による心臓の機能低下や心臓弁の硬化などが原因となる場合があります。

原因③心臓弁膜症

心臓弁が正常に機能しなくなる弁膜症は、血液の逆流や循環障害が発生することがあります。先天性または後天的な問題によって起こることがあります。

原因④犬の心筋症

心筋が拡大し、正常に狭くなりなくなる心筋症は、心臓のポンプ機能に影響を与えます。遺伝的な原因や先天性の懸念、特定の疾患によって生じることがあります。

原因⑤心臓感染症

犬の心臓は細菌や寄生虫の感染を受ける可能性があります。心内膜炎や心臓寄生虫感染症などの心臓病の原因となることがあります。

原因⑥心臓の外傷

事故や外傷によって心臓に損傷を受けることがあります。これによって心臓の機能が低下する場合があります。

原因⑦他の疾患との合併症

犬が他の疾患を患っている場合、心臓にも起こります。例えば、甲状腺機能低下症や高血圧症などが心臓病の原因になることがあります。

これらの原因が一つまたは複数組み合わさることによって、犬の心臓病が発症することがあります。初期に症状を観察し、適切な治療やケアを行うことで犬の生活の質を向上させることが可能です。

犬の心臓病は予防できます

チワワとゴールデンの後ろ姿写真

犬の心臓病の予防は、健康的な生活環境と正しいケアを提供することが重要です。犬の心臓病を予防するために気を付けることは以下の通り。

予防法①定期的な健康診断

犬の定期的な健康チェックを受けることで、初期に心臓病の症状を発見することができます。 定期的に診察を受け必要な検査を行うことが大切です。

予防法②バランスの取れた食事

犬に適切な栄養を与え、肥満を防ぐことが心臓病の予防に役立ちます。獣医師が推奨する適切な療法食などがおすすめ。

犬の心臓病における食事療法@手作りごはんのレシピとおすすめドッグフード
犬の心臓病は、癌に次いで犬の死亡原因の2位に位置する疾患で、10歳を超える老犬に多いという統計が出ています。例えば「僧帽弁閉鎖不全症」のような疾患が含まれ、「心不全」、「心臓肥大」、および「心雑音」といった症状も一般的。 また、「肺水腫」や...

予防法③適度な運動

\愛犬の状態に合わせて選べるフード/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード \先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/ 14日間和漢レシピを試してみる

14日間の返金保証付き
1回きりでもOKの定期割引!
定期購入で最大15,400円 お得


\獣医師処方の療法食トップ2/ ロイヤルカナンの療法食

ヒルズの療法食

犬に適度な運動をさせることで、心臓の健康をサポートできます。 激しい運動や無理な運動は避け、犬の年齢や体力に合った運動を行いましょう。

予防法④ストレスの軽減

犬はストレスによって心身に影響を受けることがあります。適切な環境を提供し、安心して暮らせるように心がけましょう。

予防法⑤フィラリア予防

寄生虫は心臓病の原因になります。フィラリア(犬糸状虫)は予防薬の投与で防げますが、すでに寄生されてる場合はショック症状を起こす可能性があるので必ず獣医師の指導のもと投薬してください。

予防法⑥体重管理

犬の適正な体重を維持することが重要です。肥満は心臓に負担をかけるため、適切な体重管理を行いましょう。

予防法⑦毎日の観察

犬の行動や健康状態を毎日観察することで、異常を早期に発見することができます。 食欲、運動量、呼吸などに異常がないかを確認しましょう。

これらの予防方法を実践することで、犬の心臓病のリスクを軽減し健康な生活をおくりましょう。

犬の心臓病を診断する方法と治療について

獣医さんと愛犬のイメージ画像

次は、犬の心臓病の診断と治療がどのように行われるのか、参考のためスタンダードなものについて説明しておきます。

心臓病の犬の診断方法

動物病院で行われる一般的な診断方法を以下にまとめました。

症状の評価: 獣医師は犬の問診やカルテなどで症状を評価し、呼吸、心拍数、体重の変化などをゆっくり観察します。

聴診: 獣医師は聴診器を使って犬の胸部を聴診し、心臓の異常音や肺音をチェック。

レントゲン: レントゲン写真を撮影することで、心臓や肺の状態を評価し、拡大した心臓や肺水腫の有無を確認します。

心電図: 心電図を使って心臓の電気活動を評価し不整脈や異常な心拍を検出します。

血液検査: 血液検査を行って、心臓に関連する特定の酵素やホルモンのレベルを測定します。

心臓エコー検査:心臓超音波検査(心エコー)は、心臓のサイズ、機能、弁の状態などを非攻撃的に評価するために行われます。

犬の心臓病で行われる一般的な治療法

薬物療法:心臓病の症状を軽減するために、利尿剤(水分排出を補う薬)、血管拡張薬(血流を増やす薬)、心臓強化薬などが処方されることがあります。

食事管理: 獣医師が特定の食事療法を推奨することがあります。心臓病の犬は塩分制限や特定の栄養素の調整が必要になることがあります。

犬の心臓病における食事療法@手作りごはんのレシピとおすすめドッグフード
犬の心臓病は、癌に次いで犬の死亡原因の2位に位置する疾患で、10歳を超える老犬に多いという統計が出ています。例えば「僧帽弁閉鎖不全症」のような疾患が含まれ、「心不全」、「心臓肥大」、および「心雑音」といった症状も一般的。 また、「肺水腫」や...

活動の制限:心臓病の進行を遅らせるために、獣医師が運動制限を指示することがあります。

サプリメント:必要に応じて、ビタミンやミネラル、抗酸化物質などのサプリメントが処方されることがあります。

症状の管理:心臓病が進行すると、獣医師が犬の症状を管理するために酸素療法や体液排出を行っていることがあります。

心臓手術: 心臓病の一部のケースでは、手術が必要な場合があります。心臓弁の置換や狭狭部の拡張などが行われることがあります。

犬の心臓病は種類や進行度によって治療法が異なるため、適切な治療を受けるためには獣医師との相談が必要です。

まとめ

犬の心臓病は早期発見が重要で、定期的な健康チェックとバランスの取れた食事、正しい運動、ストレスの軽減が予防に役立ちます。症状が見られた場合でも獣医師の診断で治療法を選択、薬物療法、必要に応じた手術などで健康状態を改善できます。

食事管理はとても大切

犬が心臓病になってしまった場合に気を付けることは獣医師の治療はもちろん、食事制限です。肥満を防いだり心臓病に特化した療法食は予防にも効果的なのでおすすめ。愛犬の状態に合わせて選べるよう、病気別、目的別でまとめた取り扱いがあるのでそちらもご覧ください。

犬の病気別におすすめな食事療法食@健康維持のドッグフード
病気の犬の餌に関しては、制限が必要な栄養源は避け、逆に足りない栄養素は多めに含む必要があり、病状や合併症の有無などにより特別な栄養調整が必要なため、犬の病気に対応した食事療法食がになう役目は重要です。 ここでは、ロイヤルカナンやヒルズなどの...
\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました