胃拡張になった犬の食事@手作りフードのレシピ&おすすめドッグフード

ソファでくつろぐゴールデンレトリーバーの写真 犬の消化器系疾患について
ソファでくつろぐゴールデンレトリーバーの写真

犬の胃拡張は、胃内のガスや液体が異常に膨張した状態で、消化不良、腹部膨満、吐き気などを思わせる病気です。 緊急性が高く、胃が回転してしまう胃捻転と併発することもあるのでいかに早期に発見してあげられるかがカギになります。

\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

このページでは、胃拡張をやった犬の食事を手作りする際のレシピやおすすめな療法食のドッグフードを紹介。また、愛犬の胃拡張の兆候をチェックするための初期症状や原因、治療法も説明するので、犬の胃拡張に関する情報が網羅的にわかるように構成しています。

  1. 胃拡張を発症した犬の食事について
    1. 術後や回復期の食事療法のポイント
    2. 犬の胃拡張回復期に適した手作り食のレシピ
      1. レシピ①低脂肪の鶏胸肉と野菜のシチュー
      2. レシピ②ボイルドカボチャと鶏肉のスープ
      3. レシピ③低脂肪の魚と野菜のシチュー
    3. 胃拡張をやった犬におすすめなドッグフード
      1. おすすめ療法食①みらいのドッグフード胃腸用(国産・無添加)
      2. おすすめ療法食②ロイヤルカナン消化器サポート(フランス製)
      3. おすすめ療法食③ヒルズ消火器ケア(アメリカ製)
  2. 胃拡張回復期に利用したい効果的なサプリメント
    1. おすすめサプリメント マウスクリーンパウダー
    2. おすすめサプリメント 大手通販サイトで最適なものを選ぶ
  3. 犬の胃拡張を疑う初期症状のチェック!
    1. 興奮や不安の増加
    2. 腹部の膨張満
    3. 吐き気や嘔吐
    4. 食欲不振
    5. 声の変性や軽度な呼吸困難
    6. 舌の先が青くなる
    7. 落ち着かない行動
    8. 走り回る行動
  4. 胃拡張が進行した重度な症状について
    1. 呼吸困難
    2. 興奮や不安
    3. ショック症状
    4. 嘔吐(吐き戻し)
    5. 腹部の膨張満
    6. シアン(青紫色になる)
    7. 意識の喪失
  5. 胃拡張の進行で心配な重度の合併症について
    1. 胃捻転
    2. 胃壁の壊死
    3. 循環器系合併症
    4. 腸障害
    5. 内臓損傷
  6. 犬が胃拡張を起こす原因と適切な予防法について
    1. 考えられる原因とは
    2. 適切な胃拡張の予防法
    3. 胃拡張を起こしやすい犬種について
      1. トイプードル、ダックス、チワワなどは胃拡張のリスクが低いって本当か
  7. 犬の胃拡張で行う診断と一般的な治療法
    1. 胃拡張の診断方法
    2. 一般的な治療方法
    3. 一度発症した場合、繰り返す傾向が強い犬の胃拡張
  8. 胃拡張の犬に行う応急処置について
    1. 獣医師に連絡する
    2. 食事と水の制限
    3. 安静にさせます
    4. 無理に吐かさない
    5. 腹部のマッサージ
    6. 冷湿布
    7. 症状の観察
    8. 胃拡張になった犬のマッサージ
    9. 胃拡張を起こした犬が自然治癒する可能性について
  9. まとめ

胃拡張を発症した犬の食事について

ボイルした鶏肉の写真

胃拡張を起こした犬の食事についてですが、まず重要なことは胃拡張や胃捻転は緊急の状態であるため、動物病院での適切な治療を受けることが非常に重要です。

食事療法にはいくつかの注意点があり、以下にその主なポイントや手作り食のレシピを説明しますが、獣医師と相談して食事管理を行うようにしてください。

術後や回復期の食事療法のポイント

1,液体食から始める:
・手術後、犬は通常、液体食から始めることが推奨されます。 低脂肪で低繊維の食事が選ばれることが多いです。 獣医師が処方する特殊なリキッドフードや栄養補助飲料を使用します。

2,少量づつ小分けにした食事:
・少量の食事を1日数回に分けて与える。これにより、胃にかかる負担を軽減し吸収が改善されます。

3,消化を助ける食材:
・消化を助けるために、低脂肪のボイルドチキンや白身魚などの高品質のたんぱく質源を含む食材が良いです。

4,水を切らさない:
・犬は常に新鮮な水を利用できるようにしてください。 水分は消化を助け、犬の体調を改善します。

5,薬との連携:
・食事と投薬を調整し、食事と薬が途中で干渉しないように気をつける。特定の薬を食事前に与えるのか、または食後に与えるのかなど、用法容量についても熟知する必要があります。

6,慎重な経過観察:
・犬の体調を密かに観察し、食事に関連する問題がないか確認しましょう。吐き気、下痢、食欲不振などの異常があれば、すぐに獣医師に連絡しましょう。

7,適切な回復期間を設ける:
・犬の速度回復は個体差があります。必要に応じて、獣医師が示す回復期間を守りましょう。とりあえず、すぐ普通のにフードに戻すのは避けるべきです。

犬の胃拡張手術後や回復期には、栄養を最適化、胃に負担をかけないようにすることが重要です。再発を防ぐためにも、獣医師と相談することが重要です。

犬の胃拡張回復期に適した手作り食のレシピ

ソファでくつろぐゴールデンレトリーバーの写真

ソファでくつろぐゴールデンレトリーバーの写真

以下は、胃拡張(胃捻転)の回復期に適した手作り食のレシピです。 なお、犬の個別の健康状態や獣医師のアドバイスに基づいて食事プランを調整することを忘れないでください。

レシピ①低脂肪の鶏胸肉と野菜のシチュー

用意する食材:

・皮を取り除いた鶏むね肉(低脂肪):約500g
・野菜(例:にんじん、さつまいも、ほうれん草):約2カップ
・低塩の鶏のブロス:約4カップ
・白いご飯(犬が許容する場合):約1カップ
・オリーブオイル:1大さじ
・調理​​した白米(犬が許容する場合)

手作り食のレシピ:

・鶏むね肉を鍋に入れ、低塩の鶏のブロスで煮ます。鶏肉が熟すまで煮続けます。
・鶏肉が熟したら、取り出して冷まし、細かく裂きます。
・同じ鍋に野菜を入れて、柔らかくなるまで煮ます。
・野菜を取り出し、細かく刻みます。
・鶏肉と野菜を一緒に混ぜて、オリーブオイルを加えます。
・必要に応じて、白いご飯を加えて、よく混ぜます。
・犬の体重や健康状態に合わせて、食事正しいサイズに分けて提供します。

レシピ②ボイルドカボチャと鶏肉のスープ

用意する食材:

・低脂肪の鶏胸肉
・カボチャ(種を取り除いて切る)
・野菜(例: キャロット、スピナッチ、ズッキーニなど)

手作り食のレシピ:

・鶏肉を茹でて調理し、細かく切ります。
・カボチャと野菜を茹でて柔らかくし、切ります。
・鶏肉と野菜を一緒に混ぜて、スープにします。
・食事の前に温めて提供します。スープがたっぷりになる場合は、水を加えて調整できます。

レシピ③低脂肪の魚と野菜のシチュー

用意する食材:

低脂肪の魚(例: タラ、ソール、ハダックなど)
野菜(例: サツマイモ、ブロッコリー、グリーンビーンズなど)

手作り食のレシピ:

・魚を蒸して調理し、骨を取り除き、細かく切ります。
・野菜も切ります。
・鍋に野菜と魚を入れ、少量の水でシチューにします。水分が吸収されるまで煮ます。
・食事の前に温めて提供します。

これらのレシピは、低脂肪で消化しやすい材料を使用、拡張の回復期に適しています。 なお、犬の体重や栄養ニーズに合わせて食事調整し、必ず獣医師のアドバイスに従ってください。

胃拡張をやった犬におすすめなドッグフード

胃拡張の犬の回復期に療法食と言われるドッグフードをおすすめする理由は以下のメリットがあります。 まずは、療法食は胃の負担を軽減する食事の摂取が容易です。

消化がしやすく、犬の胃の状態に合わせて調整が可能。また、療法食は炎症や不快感を軽減し、吐き気や胃痛を緩和する役割を果たします。栄養素を効果的に摂取できるため、栄養失調を阻止、回復を促進します。

最後に、医師や栄養士が患者の状態に合わせてカスタマイズできるため、個人のニーズに合った食事プランを提供できる点も重要です。療法食は胃拡張の回復をサポートし、犬の健康状態を改善するために有用な選択肢と言えます。

おすすめ療法食①みらいのドッグフード胃腸用(国産・無添加)

みらいのドッグフード公式画像

みらいのドッグフード公式画像

胃や腸の負担となる消化吸収の悪い食材を制限しつつも、良質なタンパク質や脂肪、食物繊維の質や量を厳密に調整し、されにアレルゲン物質も排除して犬の消化器官に配慮した国産で完全無添加の療法食ドッグフードです。

和漢食材や高栄養化食品を配合し、180度でも破壊されない高耐熱オメガ3脂肪酸やファイトケミカル食材もプラスされています。

通常の胃拡張ケアでは食事制限に加えた消化器系のサプリメントの組み合わせで食事療法を行いますが、アレルゲンカット、胃や腸の栄養補給、健康維持のための漢方・高栄養化食品の補給がこれ一つで可能です。ウェットタイプもあります。

みらいのドッグフード 胃腸用

 

おすすめ療法食②ロイヤルカナン消化器サポート(フランス製)

ロイヤルカナン消化器サポート

ロイヤルカナン消化器サポート

ホームセンターやペットフード店でも購入できるロイヤルカナン消化器サポート。獣医師の多くが処方する有名な療法食のドッグフードで、胃拡張や胃腸炎、下痢や軟便といった犬の消化器系トラブルように調整された消化器サポートが適しています。缶詰あり。

ロイヤルカナン 消化器サポート

 

おすすめ療法食③ヒルズ消火器ケア(アメリカ製)

ヒルズ消火器ケア

ヒルズ消火器ケア

ヒルズもまた全国の獣医師に推奨される療法食ドッグフードのトップメーカーになります。ロイヤルカナンと同じようにホームセンターやペットショップ、通販などで容易に購入できるため利便性や安全性も長年にわたり証明されたフードです。胃拡張の犬の回復期には消火器ケアがおすすめで、缶詰になったウェットタイプもあります。

ヒルズ 消化器ケア

 

胃拡張回復期に利用したい効果的なサプリメント

ロイヤルカナンやヒルズを選ばれる場合は、プラスアルファの栄養補給としてサプリメントの利用が推奨されています。胃拡張回復期の犬に効果的なサプリメントは、消化をサポートし、炎症を軽減し、全身の健康を促進するためです。

1,バイオプロティクス:腸内の健康なバランスを回復し、消化器系を緩和します。

2,グルコサミン・コンドロイチン: 関節の健康を見極め、運動能力の回復をサポートします。

3,オメガ-3脂肪酸: 炎症を抑制し、皮膚や被毛の健康を改善します。

4,ペプチドプロテイン: 消化が容易で、必要なアミノ酸を提供し、筋肉の修復を助けます。

5,ビタミン・ミネラルサプリメント:全身の栄養バランスを整え、免疫機能を強化します。

これらのサプリメントは、獣医師との相談のもと、犬の個別の状態とニーズに合わせて選ばれるべきです。適切なサプリメントは、犬の回復を促進し、再発を予防するのに役立ちます。

おすすめサプリメント マウスクリーンパウダー

マウスクリーンパウダー

マウスクリーンパウダー

みらいのドッグフードに付属する口腔ケアサプリメントで個別に購入することができます。口腔ケアと腸活は密接に関係しており、免疫力の維持には口腔ケアは欠かせません。

>>マウスクリーンパウダー<<

おすすめサプリメント 大手通販サイトで最適なものを選ぶ

大手の通販サイトには様々なサプリメントが販売されており、犬の状態に合わせて最適なものが見つかるはずです。獣医師と相談しながら愛犬に最適なサプリメントを選んでください。

犬の消化器系サプリメント

 

犬の胃拡張を疑う初期症状のチェック!

お座りするゴールデンの写真

犬の胃拡張の初期症状は犬種や個体によって異なる場合がありますが、一般的な初期症状について以下に示します。重要です。

興奮や不安の増加

・犬が不安になり興奮状態になる初期症状です。

腹部の膨張満

・腹部に膨張感があるように見える初期の症状になります。

吐き気や嘔吐

・犬が吐き気を感じて唾液を多く分泌し、嘔吐します。

食欲不振

・犬が普段の食欲を示さない初期症状です。

声の変性や軽度な呼吸困難

・声が変わったり、呼吸が浅くなったりするのも初期症状に見られます。

舌の先が青くなる

・酸素供給の低下により、舌の先が青くなる初期症状です。

落ち着かない行動

・座っている姿勢を保てず、落ち着かない行動をすることもあります。

走り回る行動

・不安定な行動で周囲を走り回る事があるかもしれません。

これらの初期症状が複数見られる場合、胃拡張の可能性があるため、獣医師に連絡し診察を受けることが大切です。

胃拡張が進行した重度な症状について

犬の胃拡張が進行し重度の症状が現れる場合、以下のような状態が見られる場合があります。

呼吸困難

・胃の膨張により圧迫が増すため、胸部に圧迫がかかり呼吸困難の症状が出ます。

興奮や不安

・犬の精神が不安定で、興奮状態になりひどく落ち着かない様子です。

ショック症状

・血液循環の異常化、脱水、低血圧、虚脱などのショック症状が現れることも。

嘔吐(吐き戻し)

・胃拡張が進むと胃の内容物が逆流して吐き気や嘔吐が続きます。

腹部の膨張満

・腹部が驚くほど膨らみ痛みを伴う症状です。

シアン(青紫色になる)

・酸素供給不足により舌や口唇が青紫色になることがあります。

意識の喪失

・胃拡張が重度に進行した場合、犬が気を失ってしまう症状です。

これらの症状は胃拡張が重度に進行し、合併症が生じている可能性があります。一度獣医師の診察を受け適切な治療を行うことが非常に重要です。緊急の医療処置が求められます。

胃拡張の進行で心配な重度の合併症について

犬の胃拡張が進むと、以下のような合併症が考えられます。

胃捻転

・ 犬の胃が回転してしまう状態で、胃拡張の進行によって胃が腹腔内で移動し血液供給が阻害されると起こる可能性があり、緊急の手術が必要です。

犬の胃捻転の初期症状!予防のための原因チェックや治療法まで
はじめに犬の胃捻転は、胃が異常な位置に捻られてしまう緊急の状態を差します。血流が制限されるため、吐き気、腹部の膨張、呼吸困難などの重篤な症状が現れ、処置が遅れると急死する深刻な疾患です。胃捻転は大型犬に多く見られ、大型犬が死亡する原因の2位

胃壁の壊死

・胃拡張により胃壁に圧力がかかり、血流が阻害されて壊死が起こります。

循環器系合併症

・胃の異常な膨張によって周囲の血圧にも圧力がかかり循環系に影響を与える可能性。低血圧やショックなどが発生することがあります。

腸障害

・胃拡張が進むと腸の運動が阻害されることがあり、腸の機能にトラブルを起こします。

内臓損傷

・胃の圧力によって周囲の臓器が圧迫されることで、内臓に損傷を生じる可能性があります。

これらの合併症は胃拡張が進行し適切な治療が行われない場合に発生する可能性があります。胃拡張の早期発見と適切な医療措置が合併症のリスクを軽減する重要なカギです。

犬が胃拡張を起こす原因と適切な予防法について

愛犬が胃拡張を発症するに至る原因について説明し、胃拡張にならないようにする予防方法をご紹介。犬の胃拡張の原因は明確にはわかっていませんが、以下に考えられる原因とそれに対する予防法をまとめました。

考えられる原因とは

1,急いで食べる:
・犬が急いで食べることで空気を一緒に摂取し、胃内でガスが膨張すると考えられます。

2,運動後の大量飲食:
・運動後に大量の食事や水分を摂取すると胃が圧迫されて運動拡張のリスクがあります。

3,大型犬や深い胸郭の犬種:
・大型犬や胸郭が深い犬種は、胃が圧迫されやすく胃拡張のリスクが高いとされています。

4,遺伝的懸念:
・一部の犬種は遺伝的に胃拡張のリスクが高い可能性があります。

適切な胃拡張の予防法

1,複数回に分けての食事:
・食事を複数回に分けることで、早食いや暴飲暴食を避け胃の負担を軽減できます。

2,食事前・食後の運動制限:
・食事前と食後の運動を制限することで胃の負担を軽減できます。

3,複数飼いの場合:
複数の犬が同時に食事している場合、緊張感が生まれやすく早食いや暴飲暴食になりがちです。食事中の緊張感を緩和するため、それぞれの犬に十分なスペースを確保しましょう。

4,定期的な健康チェック:
・大型犬や胸郭が深い犬種は特に注意が必要です。 定期的な健康チェックを受けて、胃拡張のリスクを把握しましょう。

これらの予防法を実践することで、拡張のリスクを軽減することができます。また、特定の犬種や個体に応じて適切な予防策を獣医師と相談することもおすすめです。

\スポンサーリンク/

みらいのドッグフード胃腸用

ロイヤルカナン消化器サポート

ヒルズ消火器ケア

胃拡張を起こしやすい犬種について

胃拡張は特に大型犬や胸が深く胸郭が狭い犬種でに見られる傾向があります。以下に、胃拡張を起こしやすいとされる主な犬種を示しますが、これらの情報は一般的な傾向でありここに記載がない犬種も、予防や初期症状のチェックなどの注意が必要です。

・ドーベルマン
・ドイツ・シェパード
・グレート・デーン
・ドッグ・アルゼンチノ
・ドッグ・ド・ボルドー
・ラブラドール・レトリバー(大型個体)
・ロットワイラー
・アイリッシュ・セッター
・スタンダード・プードル(大型個体)
・ビション・フリーゼ

これらの犬種は、胸郭の構造や体格の特徴から、拡張のリスクが高いとしています。

トイプードル、ダックス、チワワなどは胃拡張のリスクが低いって本当か

トイプードル、ダックスフンド、およびチワワは、一般的には大型犬種よりも胃拡張(ガス膨張満症)のリスクは低いとされています。 トイプードル、ダックスフンド、チワワといった小型犬は胸郭の構造も異なるため、胃拡張の発症リスクが低いと考えられます。

ただし、トイプードル、ダックスフンド、チワワといったこれらの犬種においても個体差があり、前述した「犬が胃拡張を起こす原因」に起因するリスクは存在します。 予防や定期的な健康チェックは、どの犬種においても重要です。

犬の胃拡張で行う診断と一般的な治療法

外国人獣医師とゴールデンの画像

犬の胃拡張を疑う場合、獣医師はさまざまな診断方法を用いて確定診断を行い必要に応じて適切な治療を行います。

胃拡張の診断方法

1,臨床症状の評価:
・犬の症状や行動を詳しく観察し拡張胃の可能性を評価。 興奮や不安、腹部の膨満、吐き気、呼吸困難などの症状をチェックします。

2,触診:
・獣医師は犬の腹部を触診し、膨満度や腹部の硬さ、痛みの程度などを評価します。

3,レントゲン(X線)検査:
・腹部のX線撮影によって胃の膨張や位置、可能な胃拡張転位などを確認します。

4,超音波検査:
・超音波によって内部の状態や胃の位置を確認することができます。

これらの検査によって獣医師が適切な診断をくだし、飼主さんと相談しながら治療方針を決定します。

一般的な治療方法

獣医師が行う一般的な治療法については以下の通りです。

1,胃に溜まったガスの排除:
・胃内のガスを排除するため、導管挿入や腹部穿刺を使う治療法です。これにより胃の圧力を軽減し、症状の改善を図ることができます。

2,ショック症状のコントロール:
・ショック症状がある場合は、輸液や薬物を使用して循環器系の状態を安定させる治療法です。

3,外科手術:
・重度の拡張転位や組織破壊死の場合、緊急の手術が必要とります。胃を元の位置に戻し、必要に応じて組織の修復や除去を行う外科治療です。

4,再発の予防療法:
・胃拡張になった犬は病気を繰り返す傾向があるため再発を防ぐために、犬の食事の管理や食事後の運動制限、ストレスの軽減などを指導します。

胃拡張は緊急状態に進行しやすいため、初期症状の疑いがあれば早期の診断と迅速な治療が必要です。犬の状態に応じて最適なアプローチを獣医師が決定し、胃拡張の犬に必要な措置を実行します。

一度発症した場合、繰り返す傾向が強い犬の胃拡張

胃拡張を繰り返す傾向が強いのは、胃拡張を起こした際の影響が残るためです。胃が膨張し、胃壁や周囲の血圧に圧力をかけることで、組織の損傷や血流の低下が起こる。これにより、胃の組織が傷つきやすくなり病気を繰り返すリスクが高まるわけです。

また、初回の胃拡張で胃の位置や組織の変化が起きるめ何度も再発を繰り返すことがあります。これに加え、犬の体質や遺伝的影響もあるといわれる。胃拡張を発症しやすい犬種や個体は、胃拡張繰り返す傾向があります。

そのため、胃拡張を一度発症した犬は、胃拡張のリスクに対する予防策と注意が必要です。

\スポンサーリンク/

みらいのドッグフード胃腸用

ロイヤルカナン消化器サポート

ヒルズ消火器ケア

胃拡張の犬に行う応急処置について

犬が胃拡張を起こした際、場合によって応急処置は緊急を要しますが対処法は獣医師の指導に従うことが大切です。 以下は一般的な応急処置の手順ですが、状況に応じて獣医師への連絡や専門的な措置を優先してください。

獣医師に連絡する

・拡張の疑いがある場合、まずまず動物病院に連絡して状況を説明し応急処置の指示を受けましょう。

食事と水の制限

・獣医師の指示により、食事と水の摂取を制限する。これにより胃の圧力が軽減されます。

安静にさせます

\愛犬の状態に合わせて選べるフード/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード \先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/ 14日間和漢レシピを試してみる

14日間の返金保証付き
1回きりでもOKの定期割引!
定期購入で最大15,400円 お得


\獣医師処方の療法食トップ2/ ロイヤルカナンの療法食

ヒルズの療法食

・犬に落ち着いて休む環境を提供しましょう。 激しい運動や興奮を避けます。

無理に吐かさない

・自己判断で犬に吐かないようにしてください。胃が拡張している場合、吐くことが逆効果になることもあります。

腹部のマッサージ

・軽く腹部をマッサージしてみることで、ガスの排出があることがありますが、この応急処置は注意して行ってください。

冷湿布

・獣医師の指示がある場合に限り、冷湿布を使って腹部を冷やします。

症状の観察

・犬の状態をゆっくり観察し、獣医師が到着する、または動物病院へ着くまでの間、安静にさせることが大切です。

重要なのは、胃拡張は緊急の状態であるため、獣医師の指導を仰いで応急処置することです。日頃から相談できる動物病院をさがしておきましょう。

胃拡張になった犬のマッサージ

犬の胃拡張の場合、応急処置のマッサージが一時的に症状を緩和させる場合もありますが注意が必要。以下は一般的なガス排出を変えるマッサージの手順です。

1,犬の位置:
・犬を落ち着かせた状態で腹部をマッサージする準備をします。

2,軽く触れる:
・腹部に手を置いて、犬の反応を見ながら触れ始めます。犬が痛みを感じたり反応したりする場合は、すぐにマッサージを中止して獣医師に相談してください。

3,円を描くようにマッサージ:
・腹部の中央から外側に向かって、やや軽い円を描くようにマッサージします。押さないよう、犬がストレスを感じないように注意します。

4,腹部を軽く軽く押します:
・腹部全体を軽く軽く押してマッサージします。ただし、犬が不快感を示す場合はすぐに中止してください。

5,繰り返し行います:
・数分間繰り返しマッサージを行いますが、犬の様子を様子を観察し、不安や痛みを感じているようであれば直ちに中止してください。

マッサージは慎重に行う必要があります。犬の状態によっては、マッサージが適切ではない場合もありますので、必ず獣医師のアドバイスを受けてから行うようにしてください。

胃拡張を起こした犬が自然治癒する可能性について

まず、胃拡張症状が軽い場合、犬が自然治癒することもありますが、これはごく稀なケースです。一般的に胃拡張は急速に進行する病状であり緊急治療が必要です。胃が過度に膨張してしまうと、胃が回転してしまう胃捻転を起こす可能性も高く、これによる組織の壊死や血流障害が生じる恐れがあります。

胃拡張症状が見られる場合、獣医師の指導後に、先に診断と治療を受けることが重要。自然治癒を待つのではなく、獣医師のアドバイスに従って行動することが大切です。

まとめ

犬の胃拡張は急激に重度な症状になることがあるので日頃の予防が大切です。初期症状が疑われる場合はすぐに動物病院で診察を受けてください。

また、予防やケアには食事療法も欠かせません。お近くの獣医師検索サイトへのリンクや病状別の療法食が一目でわかる一覧表のページは以下になりますのであわせてご覧ください。

>>犬 療法食 おすすめ 獣医師検索<<

\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました