犬の外耳炎は食事管理も大事【手作りレシピとおすすめの療法食】

ふくよかなダックスの写真 犬の皮膚病について
ふくよかなダックスの写真
フード診断で愛犬専用の手作りご飯を提案します☟ 愛犬の体調に合う手作り食は(診断無料)

犬の状態に合わせて選べる療法食

和漢みらいのドッグフード
和漢みらいのドッグフード公式サイト

外耳炎は炎症を伴い、アレルギー反応、食物感受性、または食品アレルゲンに対する過敏反応など、食事との関連性も深いです。アレルギー性外耳炎では、アレルゲンを気にするための特別な食事が必要です。

また、肥満が外耳炎を悪化させることもあるため正しい食事療法で肥満も予防します。獣医師の指導のもと食事療法を導入することで、外耳炎の症状を軽減し犬の快適な生活をサポート。このページでは外耳炎を抱えた犬の食事療法についてや、手作りレシピや適切な療法食について詳しく説明することで、何かしらのお役に立てれば幸いです。

犬の外耳炎に伴う食事療法のポイント

外耳炎を発症した犬の食事に関するポイントは以下の通りです。

1,獣医師の指導を仰ぐ:

・まずは最初に、外耳炎の原因や犬の特定の状態に基づいて、獣医師と食事療法の相談をしましょう。

2,アレルギー性外耳炎への対応:

・犬がアレルギー性外耳炎を抱えている場合、アレルギーを引き起こしている食品成分を特定し、それを含まない特別な食事を検討することが必要です。

3,適切な栄養バランス:

・犬の食事は、必要な栄養素を提供することが重要です。食事はバランスの取れた形にし、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどを含むことが大切。サプリメントを検討することもあります。

4,疲労な体重管理:

・肥満は外耳炎のリスクを高めるために、正しい体重管理が必要です。食事のカロリー摂取量を調整し、適度な運動を心掛けてあげましょう。

5,食事療法の継続

・食事療法の成功には継続性が必要です。むかしから「継続は力なり」という言葉があるように、根気強く日常生活に組み込むことが大切になります。

6,経口薬の取り扱い

・食事に経口薬を混ぜる場合、獣医師と相談し正確な投与量と方法に気をつけましょう。

7,経過観察

・食事療法を開始した後、犬の健康状態を継続的にモニタリングし、必要に応じて調整を行います。

食事療法は犬の健康を考慮するため、獣医師の指導を踏まえ、個別のケースに合わせた食事計画を立てることが重要です。

外耳炎の犬に効くとされる食べ物について

鮮魚の写真

外耳炎の犬に対する食事療法は、主にアレルギー性外耳炎に関連。アレルギーを考慮して可能性のある食品を避け、皮膚および耳の健康をサポートする栄養素を提供することです。以下に具体的な食品と栄養素を紹介します。

タンパク質源について

魚:
低アレルギー性であり、オメガ-3脂肪酸を提供し、皮膚と被毛の健康に役立ちます。サケや鱈などが含まれています。

七面鳥:
・他の一般的なタンパク質源に比べてアレルギー反応のリスクが低いことがあります。

グルコサミンとコンドロイチン

軟骨や関節の健康をサポートし、炎症を軽減する助けとなります。これらの成分はサプリメントとしても利用できます。

オメガ-3脂肪酸について

皮膚と被毛の健康に役立つほか、抗炎症作用もあります。サケ油亜麻仁油魚油サプリメントが含まれます。

ビタミンEについて

抗酸化作用を持ち、皮膚の健康をサポートします。ナッツ種子植物油に含まれます。

繊維質について

消化をサポートし、アレルギー反応を軽減するのに役立ちます。オート麦スウィートポテトなどには良い食物繊維が含まれます。

犬の外耳炎で食べてはいけないもの

牛肉の写真

牛肉の写真

アレルゲンとなりうる食品は外耳炎の原因となるアレルギーを起こす可能性があるため、次は外耳炎の犬が食べてはいけないものピックアップします。

アレルゲンとなる食べ物

・穀物(小麦、大麦、コーンなど)
・牛肉
・乳製品
・人工添加物や着色料が多く含まれる市販のドッグフード

最適な食事療法は、個別の犬のアレルギーと栄養ニーズに基づいて獣医師と相談しながら食事プランを。外耳炎の治療と併用して、適切な食事療法が犬の快適さと健康をサポートする役割を果たします。

外耳炎の犬に対する手作り食のレシピ

鶏肉のスープのイメージ画像

鶏肉のスープのイメージ画像

以下は、外耳炎の犬に対して手作り食のレシピのいくつかです。 以下、これらのレシピは一般的なガイドラインであり、犬の個別のニーズに合わせて調整することが重要です。開始する前に、必ず獣医師と相談しましょう。

レシピ1.鶏と野菜のシチュー

用意する食材:

・鶏の胸肉(骨なし、皮なし):約250g
・野菜(例:人参、ほうれん草、さつまいも):約200g
・野菜スープまたは低塩の鶏肉スープ:約1カップ
・オート麦または玄米:約1/2カップ
・オリーブオイル:1大さじ
・ビタミンサプリメント(必要に応じて)

手作りのレシピ:

・鶏肉を鍋で調理し、細かく切ります。
・野菜を蒸して柔らかくし、細かく切ります。
・野菜スープまたは鶏肉スープを加え、オート麦または玄米を煮る。
・全ての成分を混ぜ、オリーブオイルを加えます。
・犬の体重と活動レベルに合わせて、正しい食事量を計算し、分けて与えます。

レシピ2. サーモンと野菜のパンケーキ

フード診断でうち専用の手作りごはんを提案☟ フード診断を受けてみる(診断無料)

用意する食材:

・サーモンフィレ(骨なし、皮なし):約250g
・野菜(例:ほうれん草、スイートポテト、ブロッコリー):約200g
・卵:2個
・オート麦粉:約1/2カップ
・水または低塩の野菜スープ:適量
・オリーブオイル:1大さじ
・ビタミンサプリメント(必要に応じて)

手作りのレシピ:

・サーモンを蒸してほぐす。
・野菜を茹でて柔らかくし、細かく切ります。
・卵、オート麦粉、水またはスープを混ぜて、溶かした生地を作ります。
・サーモンと野菜を生地に混ぜて、パンケーキ状に焼きます。
・オリーブオイルを加えて、犬の体重と活動レベルに合わせて適切なサイズに分けましょう。

レシピ3. 鶏ひき肉と野菜のシチュー

用意する食材:

・鶏ひき肉(低脂肪):約250g
・野菜(例:さつまいも、ほうれん草、カボチャ):約200g
・野菜スープまたは低塩の肉スープ:約1カップ
・玄米またはオート麦:約1/2カップ
・オリーブオイル:1大さじ
・ビタミンサプリメント(必要に応じて)

手作りのレシピ:

・鶏ひき肉をフライパンで炒めて細かくほぐす。
・野菜を茹でて柔らかくし、細かく切ります。
・野菜スープまたは肉スープを加え、玄米またはオート麦を煮る。
・全ての成分を混ぜ、オリーブオイルを加えます。
・犬の体重と活動レベルに合わせて、正しい食事量を計算し、分けます。

これらのレシピは一般的な考え方です。実施する際は獣医師のアドバイスをうけ犬の特定のニーズに合わせて調整してください。また、アレルギーに関連した食材には注意しましょう。

犬の外耳炎に最適な療法食の紹介

獣医師が推奨する療法食は、特定の栄養成分を調整し、アレルギー成分を制限することで、外耳炎の原因となるアレルギーを管理し、皮膚と耳の健康をサポート。栄養学的なバランスが取れており、品質管理が徹底されています。

継続性と信頼性に優れた療法食は、獣医師の専門的な指導のもと調整されており、個別のケースに合わせて最適な療法食を検討できるため手作りよりもハードルが低く安全性も高いです。以下に犬の外耳炎に最適な療法食のドッグフードを紹介します。

みらいのドッグフード皮膚・アレルギー用(国産・無添加)

みらいのドッグフード公式画像

みらいのドッグフード公式画像

犬の皮膚アレルギー・痒み・脂漏症皮膚炎・外耳炎・涙やけ対策に調整された国産療法食が、みらいドッグフード皮膚・アレルギー用です。

穀物や牛肉、乳製品といったアレルゲンを制限し、新鮮な野生のシカ肉や耐熱性オメガ3脂肪酸、薬膳の高級キノコなど36種類以上の漢方・高栄養価食品補給、マクロビ食材で犬の免疫を強力にサポートします。

みらいのドッグフード公式サイト

ロイヤルカナンスキンケア(フランス製)

ロイヤルカナンのスキンケア

ロイヤルカナンのスキンケア

多くの獣医師に推奨される療法食の有名メーカーであるロイヤルカナンは、さまざまな病気に対応した療法食のラインナップが豊富。犬の外耳炎にはロイヤルカナンスキンケアが最適です。量販店や大手ネッツ通販でも購入できるため利便性も高く、長年にわたる信頼性もあります。

ロイヤルカナンのスキンケア

ヒルズのオールスキンバリア

ヒルズオールスキンバリア

ヒルズもロイヤルカナンと同じで多くの獣医師が処方する療法食の有名メーカーになります。ホームセンターやペットショップ、大手ネット通販で購入可能なのでロイヤルカナン同よう利便性も確保できます。

ヒルズのオールスキンバリア

犬が外耳炎になる原因や症状、治療法について

動物病院を受診する犬の写真

動物病院を受診する犬の写真

最後に、犬が外耳炎を発症する原因や症状の説明と、一般的な治療法を解説します。

犬が外耳炎を発症する原因や症状

犬の外耳炎は、外耳道の炎症を起こす、耳の健康問題のひとつです。 主な原因は耳内の湿度、細菌、真菌、寄生虫感染、アレルギー反応、耳の人口、または遺伝的要因があり、症状には耳のかゆみ、臭い、赤み、耳垢の増加、頭振り、耳をかく行動、聴力の低下などがあります。

犬の外耳炎の診断方法と主な治療法

治療には獣医師が診察と診断を行い、感染の種類に応じて薬物療法(抗生物質や抗真菌薬)、耳掃除、対症療法が用いられます。あわせて、上記まで説明した食事療法が推奨されます。早期治療と耳の清潔さの維持が再発を予防する鍵です。

症状や原因、治療法などについてはもっと詳しく詳細に解説したページを下記にリンクしていますので是非そちらを参考にしてください。

犬が外耳炎になる原因や症状、治療法を徹底解説
犬の外耳炎は、耳の外側(外耳道)に炎症が起こる疾患。 主な症状には耳のかゆみ、赤み、耳垢の増加、耳の臭い、耳をかく行動があります。 細菌、真菌、アレルギー反応、外部物質の刺激、水の侵入、耳の形状など、原因はさまざまです。病気が進行すると聴力...

まとめ

犬の外耳炎で治療とともに大切な食事療法について詳しく説明させていただきました。手作り食のレシピも最適と考えられる療法食も紹介しましたが、食事療法は信頼できる獣医師や専門知識もつ専門家のアドバイスを受けるようにしてください。下

記に病状別の療法食選びや獣医師探しができるページのリンクがあるのでそちらも参考にしてください。

犬の病気別におすすめな食事療法食@健康維持のドッグフード
病気の犬の餌に関しては、制限が必要な栄養源は避け、逆に足りない栄養素は多めに含む必要があり、病状や合併症の有無などにより特別な栄養調整が必要なため、犬の病気に対応した食事療法食がになう役目は重要です。 ここでは、ロイヤルカナンやヒルズなどの...

外耳炎を含めた皮膚病20種類に関しての原因や症状、対策については下記を参考にしてください。

犬の皮膚病の食事「手作りレシピOR療法食」病名別の原因と治療
犬の皮膚病の原因はさまざまですが、大きくわけるとアレルギー性・感染性・アトピー性となります。原因に対応した食事管理は重要で、症状の改善や生活の質を向上させるのには不可欠な要素です。 ここでは、皮膚病を発症した犬の食事について、フードを選ぶ際...
フード診断で専用の手作りごはんを提案☟ フード診断を受けてみる(診断無料)

犬の状態に合わせて選べる療法食

和漢みらいのドッグフード

和漢みらいのドッグフード公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました