犬の皮膚病の食事「手作りレシピOR療法食」病名別の原因と治療

皮膚病を治療中の柴犬の写真 犬の皮膚病について
皮膚病を治療中の柴犬の写真

犬の皮膚病の原因はさまざまですが、大きくわけるとアレルギー性・感染性・アトピー性となります。原因に対応した食事管理は重要で、症状の改善や生活の質を向上させるのには不可欠な要素です。

\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

ここでは、皮膚病を発症した犬の食事について、フードを選ぶ際の注意点や手作り食のレシピ、適した療法食フードの紹介を、原因別でそれぞれ紹介します。また、犬の代表的な皮膚病20種類と、その原因や症状、治療法を一覧にしています。

  1. 皮膚病の犬に適した食事について
    1. 犬の皮膚病で注意する食事のポイント
      1. アレルギー性皮膚病の犬の食事ポイント
      2. 皮膚感染症の犬の食事ポイント
      3. アトピー性皮膚炎の犬の食事ポイント
  2. 犬の皮膚病の食事に使える手作りフードのレシピ
    1. 食物アレルギー性皮膚炎向けの手作り食レシピ
    2. 感染症による犬の皮膚病向け手作りフードのレシピ
    3. アトピー性皮膚炎向けの手作りフードのレシピ
  3. 犬の皮膚病用に栄養調整された療法食のドッグフードもおすすめ
    1. みらいのドッグフード皮膚・アレルギー用(国産・無添加)
    2. ロイヤルカナンのスキンケア・サポート
    3. ヒルズ・スキンケアサポート
    4. 犬の皮膚病に効果的なサプリメントについて
  4. 犬の皮膚病の種類と症状や原因、治療法の解説
    1. フリークルス (脂漏性皮膚炎)の症状と原因、治療法
    2. アレルギー性皮膚炎の症状と原因、治療法
    3. マラセチア症の症状と原因、治療法
    4. 薬剤性皮膚炎の症状と原因、治療法
    5. 寄生虫による皮膚病の症状と原因、治療法
    6. 膿皮症の症状と原因、治療法
    7. 皮膚腫瘍の症状と原因、治療法
    8. 皮膚のカビ感染の症状と原因、治療法
    9. 光線過敏症の症状と原因、治療法
    10. 顔面膿疱症の症状と原因、治療法
    11. 外耳炎の症状と原因、治療法
    12. 水疱性皮膚炎の症状と原因、治療法
    13. 脂漏性脱毛症の症状と原因、治療法
    14. 脂漏性角化症の症状と原因、治療法
    15. 黒皮症の症状と原因、治療法
    16. ブドウ膿症の症状と原因、治療法
    17. 平扁苔炎の症状と原因、治療法
    18. 皮膚の黒いかさぶたの症状と原因、治療法
    19. アトピー性皮膚炎の症状と原因、治療法
    20. 甲状腺機能低下症の末期にも皮膚病
  5. まとめ
    1. 獣医師の検索と病状別で選ぶ療法食ドッグフード一覧

皮膚病の犬に適した食事について

犬の病気を診断する獣医師の画像

犬の病気を診断する獣医師の画像

前述したように犬の皮膚病は複数の原因があるため、食事療法もそれぞれの原因を踏まえたものが必要になります。次からは皮膚病の原因ごとの食事ポイントと手作り食のレシピ、それに皮膚病の犬に最適な特別療法食のドッグフードについて説明します。

犬の皮膚病で注意する食事のポイント

犬の皮膚病はさまざまな原因によって定められることがあり、その原因によって食事のアプローチが異なります。以下は、一般的な皮膚病の原因と、それに対するポイントと適した療法食についての情報です。

アレルギー性皮膚病の犬の食事ポイント

原因:
・食物アレルギーまたは環境アレルギーによる皮膚病。

食事のポイント:
・食物アレルギーが原因の場合、アレルギーのトリガーとなる成分を特定し、それを含まない食事に行うことが重要です。食物アレルギーが疑われる場合、免疫食やハイドロライズドプロテイン食などの特別な療法食がございます。

皮膚感染症の犬の食事ポイント

原因:
・細菌、真菌、寄生虫などによる感染症。

食事のポイント:
・高品質の栄養バランスが取れた食事が重要。免疫力を強化する栄養素(亜鉛、ビタミンEなど)を摂取できる食事が良いでしょう。また、療法食には特に医療用の皮膚疾患対策を組み入れたものがおすすめです。

アトピー性皮膚炎の犬の食事ポイント

原因:
・環境アレルギーによる皮膚炎で、通常は遺伝による関与も含まれます。

食事のポイント:
・食事はアトピー性皮膚炎に直接的な影響を与えませんが、免疫力を維持し、症状の管理に配慮することができます。獣医師と相談して、適切な栄養素を含む食事選びましょう。

犬の皮膚病の治療や食事管理は症状と原因に応じて異なります。必ず獣医師に相談し、犬の特定の状態に適した食事アプローチを決定することが重要です。

犬の皮膚病の食事に使える手作りフードのレシピ

鶏肉のスープのイメージ画像

鶏肉のスープのイメージ画像

犬の皮膚病の食事を手作りフードにする場合、特定の症状やアレルギーに合わせてレシピを調整する必要があります。 以下に、一般的な皮膚病の原因抜きで、犬に適した手作り食のアイデアと食材をなお、これらのレシピは獣医の指導の下で行うことをお勧めします。

食物アレルギー性皮膚炎向けの手作り食レシピ

○鶏肉とサツマイモの手作り食

使用する食材:
・鶏肉(皮と脂肪を取り込んだもの):300g
・ツサマイモ:200g
・ゼンマイ:100g
・カボチャ:100g

手作りのレシピ:
・鶏肉を茹でて、細かく刻む。
・サツマイモ、ゼンマイ、カボチャを蒸して、マッシュする。
・すべての材料を混ぜて犬に与えます。

※アレルギーのある食材を確認して該当するものは避ける必要があります。

食物アレルギーによる皮膚炎の食事についてもっと調べたい場合は「犬 アレルギー フード 手作り」をご覧ください。

感染症による犬の皮膚病向け手作りフードのレシピ

○白身魚と野菜の手作り食

使用する食材:
・白魚(鱈など):300g
・ブロッコリー:150g
・ニンジン:150g
・ほうれん草:100g

手作りのレシピ:
・白魚を蒸して、骨を除いて、細かく刻む。
・野菜を蒸して、マッシュする。
・材料を混ぜて犬に与えます。

アトピー性皮膚炎向けの手作りフードのレシピ

○鶏肉とかぼちゃの手作り食

使用する食材:
・鶏肉(皮と脂肪を取り込んだもの):300g
・かぼちゃ:200g
・カモミール茶(冷まして用):1/4カップ

手作りのレシピ:
・鶏肉を茹でて、細かく刻む。
・かぼちゃを蒸して、マッシュする。
・カモミール茶を冷やして、材料を混ぜて犬に思いを馳せます。

※ネットで手作り食を注文することも可能で、こちらの「犬の皮膚ケア手作りフード」をご覧ください。

これらのレシピは参考あり、犬の特定のニーズに合わせて調整する必要があります。獣医が推奨する栄養バランスを整える食事と材料を確認し、プランを作成することが最も重要です。また、犬の健康状態に合わせて適切なサプリメントの追加も考慮する必要もあります。

犬の皮膚病用に栄養調整された療法食のドッグフードもおすすめ

犬の皮膚病は原因もまちまちで一歩間違うと悪化する可能性もあるため手作り食のハードルが高いかもしれません。手作りが難しい場合は獣医師が推奨する療法食のドッグフードがおすすめです。

みらいのドッグフード皮膚・アレルギー用(国産・無添加)

みらいのドッグフード公式画像

みらいのドッグフード公式画像

獣医師も推奨する犬の皮膚アレルギー・痒み・脂漏症皮膚炎・外耳炎・涙やけ対策のドッグフード。アレルゲン食材を制限し良質なタンパク質、脂質、ミネラル成分を調整しています。

89種類の和漢食材を使い、犬の免疫力を維持し、腸の健康もサポートできる無添加の国産療法食です。犬の様々な疾患に対応した療法食は11種類におよび、病状や合併症に応じたチョイスが可能。公式サイトでは返金保証もあります。

みらいのドッグフード 皮膚・アレルギー用

 

ロイヤルカナンのスキンケア・サポート

ロイヤルカナンのスキンケア

ロイヤルカナンのスキンケア

ロイヤルカナンは全国的に有名な療法食ドッグフードで、あらゆる犬の病気に対応したラインナップがあります。獣医師の多くが処方するメーカーであり、犬の皮膚病の食事に関しても複数種類の中から選べるのも魅力です。

ロイヤルカナン 皮膚トラブル対策

 

ヒルズ・スキンケアサポート

ヒルズのタームディフェンス

ヒルズのタームディフェンス

ヒルズもロイヤルカナンと同じで獣医師に処方される有名ブランド。アレルギーや皮膚トラブルに対応したラインナップが豊富でさまざまな犬の病状に対応できます。

ヒルズ 皮膚トラブルドッグフード

 

犬の皮膚病に効果的なサプリメントについて

以下に、一般的な皮膚病に役立つサプリメントの一部を紹介しますが、必ず獣医師と相談し、犬の特定の状態に合わせて適切なサプリメント選び投与量を決めましょう。

1,オメガ-3脂肪酸サプリメント:
・オメガ-3は皮膚の健康に重要であり、炎症を軽減し、皮膚トラブルの症状を抑えるのに役立ちます。主にサーモンオイルや魚油サプリメントから摂取可能です。

2,亜鉛サプリメント:
・亜鉛は皮膚の健康をサポートし、傷や炎症の治癒を助けます。亜鉛欠乏症が疑われる場合は、獣医師に相談して亜鉛サプリメントを検討しましょう。

3,ビタミンEサプリメント:
・ビタミンEは抗酸化作用を持ち、皮膚細胞を保護し、皮膚の健康を促進するのに役立ちます。特に皮膚炎や湿疹の犬に適しています。

4,ビオチンサプリメント:
・ビオチンは皮膚と毛の健康をサポートし、かさぶたやかゆみの症状を軽減することがあります。

5,プロバイオティクス(腸内細菌サプリメント):
・皮膚病の一部は腸内のバランスが崩れたことが原因となることがあります、プロバイオティクスは腸内の健康を改善する効果があります。

6,コエンザイムQ10(CoQ10)サプリメント:
・CoQ10は皮膚細胞の供給エネルギーをサポートし、皮膚の健康を改善するのに有効です。

犬の皮膚トラブルに効果的なサプリメント

これらのサプリメントは獣医の指導を受けながら使用することが重要です。犬の特定の状態や必要性に合わせて正確なサプリメントと投与量を決定し、定期的なフォローアップを受けることが健康な皮膚を維持する鍵になります。

犬の皮膚病の種類と症状や原因、治療法の解説

皮膚病になった犬の写真

皮膚病になった犬の写真

皮膚病とは犬の皮膚に異常が見られる疾患のことで、症状や原因もさまざま。次は、犬の皮膚病の種類と、それぞれの症状・原因・治療について簡単に説明します。

フリークルス (脂漏性皮膚炎)の症状と原因、治療法

犬の脂漏性皮膚炎は、皮膚の炎症病で、皮脂の過剰産生と皮膚の機能障害です。症状は赤み、腫れ、黒いかさぶた、フケ、かゆみ、抜け毛など。

遺伝的要因、アレルギー、寄生虫、栄養不良などが原因となります。

治し方は獣医師の診断を受け、抗生物質、ステロイド、抗真菌剤などが処方されることがあります。脱脂シャンプーや栄養バランスの整った食事も重要。

\スポンサードリンク/

みらいのドッグフード皮膚・アレルギー用

ヒルズの皮膚トラブル対応ドッグフード

ロイヤルカナン皮膚トラブル対策

アレルギー性皮膚炎の症状と原因、治療法

犬のアレルギー性皮膚炎は、アレルゲンに対する過敏反応によって起こされる皮膚病です。 症状はかゆみ、皮膚の赤み、湿疹、炎症、耳や足の掻破傷などが見られます。

主な原因は食物アレルギー、環境アレルギー(花粉、ダニ、カビ)、接触アレルギーなどです。

治し方はアレルゲンの特定が重要で、対症療法として抗アレルギー薬、ステロイド軟膏、抗生物質、シャンプーなどが処方されることがあります。

マラセチア症の症状と原因、治療法

犬のマラセチア症は、皮膚に存在する酵母菌の過剰増殖によって行われる皮膚感染。症状は赤み、腫れ、かゆみ、脱毛、油っぽい皮膚、耳の炎症などが見られます。

原因は湿った環境、アレルギー、免疫不全などが関与します。治療法は、獣医師による診断と薬物療法が一般的で、抗真菌薬や抗菌薬を使用する場合があります。

また、皮膚を清潔に保ち、耳のケアを正しく行うことも重要です。

薬剤性皮膚炎の症状と原因、治療法

犬の薬剤性皮膚炎は、薬剤によってされる皮膚の炎症。症状は、皮膚の赤み、かゆみ、発疹、腫れ、黒いかさぶたなどが見られます。原因は、特定の薬剤に対する過敏反応やアレルギーが考えられます。

一般的な原因としては、投与量の過剰、薬剤への反応個体差が挙げられます。

治し方は、薬剤の使用を中止することが最初のステップです。症状に応じて獣医師が抗アレルギー薬、ステロイド軟膏、抗生物質などを処方することがあります。

寄生虫による皮膚病の症状と原因、治療法

犬の寄生虫による皮膚病は、ノミ、ダニ、皮膚寄生虫によっても発症します。症状は、かゆみ、皮膚の赤み、腫れ、黒いかさぶた、毛が抜ける脱毛症など。

原因は、寄生虫の刺し噛みや体表面での寄生による皮膚の刺激です。

治し方の治療は、寄生虫駆除のための薬剤使用が一般的。フロントラインなどのノミ・ダニ駆除薬や、特定の寄生虫に効果のある内服薬が使用されます。

膿皮症の症状と原因、治療法

犬の膿皮症は、皮膚の表面に膿が溜まる炎症性皮膚病です。

症状は、赤い腫れた膿疱(膿を含むダブツブツ)や潰瘍、皮膚の湿潤や乾燥、かゆみ、毛が抜ける脱毛症など。

原因は、細菌感染や外傷、アレルギー、他の皮膚疾患などが関与します。

治療法は、膿を排出するために膿を切開・排液し、抗生物質や抗炎症薬を処方することが一般的です。

皮膚腫瘍の症状と原因、治療法

犬の皮膚腫瘍は、皮膚や皮下組織にできる腫瘍のこと。症状はしこりや腫れ、腫瘍ができた部分の毛が抜ける脱毛症が見られることがあります。病理検査が必要で良性腫瘍と悪性腫瘍に分類。

原因は遺伝や食事、合併症などが考えられます。治療法は、腫瘍の種類により異なりますが、外科的摘出や放射線療法、化学療法が一般的な方法です。

皮膚のカビ感染の症状と原因、治療法

犬の皮膚カビ感染症は、真菌による感染症。 症状は赤い腫れ、かゆみ、円形の皮疹、毛が抜ける脱毛症などが見られます。

原因は、寄生虫感染や外傷による皮膚の傷、免疫力の低下などが挙げられます。 犬同士の接触や感染した環境により広がることも。

カビ感染の治療法は、抗真菌薬の内服や外用薬、シャンプーや薬浴が一般的な方法です。 適切な栄養と衛生状態の維持が重要。

\スポンサードリンク/

みらいのドッグフード皮膚・アレルギー用

ヒルズの皮膚トラブル対応ドッグフード

ロイヤルカナン皮膚トラブル対策

光線過敏症の症状と原因、治療法

犬の光線過敏症は、日光や紫外線により皮膚が過敏反応を起こす病気。 症状は、皮膚の赤み、かゆみ、腫れ、発疹などが見られます。

原因は、特定の遺伝的懸念、薬物摂取、環境因子が考えられます。 特定の品種や白色犬、若い犬に多く見られる。

治し方の治療は、日光暴露を避けることが重要、日焼け止め剤や保護服の使用が推奨されます。

顔面膿疱症の症状と原因、治療法

犬の顔面膿疱症は、顔面に膿疱(膿を含むダブツブツ)ができる皮膚病。症状は膿疱の形成、赤み、腫れ、かゆみなどが見られます。

原因は、真菌感染、細菌感染(例:黄色ブドウ球菌)、アレルギー、遺伝的要因などが考えられます。寄生虫感染や他の皮膚病による合併症も。

治療法は、獣医師の診断により、抗生物質や抗真菌薬、抗アレルギー薬、ステロイド軟膏などの薬物療法が処方されます。

外耳炎の症状と原因、治療法

犬の外耳炎は、外耳道の炎症疾患。症状は耳かきの回数が増える、耳をかく、耳が赤く腫れる、耳垢や分泌物が増加するなどが見られます。

原因は耳垢の蓄積、細菌・真菌感染、アレルギー、耳ダニなど。

外耳道の形状や湿度も影響します。治療法は獣医師による診断で、抗生物質、抗真菌薬、抗炎症薬、耳掃除や洗浄が行われる。早期治療と清潔な環境の維持が重要で、予防のために耳の適切なケアが必要です。

⇒ 外耳炎の犬の食事・手作りレシピ

\スポンサードリンク/

みらいのドッグフード皮膚・アレルギー用

ヒルズの皮膚トラブル対応ドッグフード

ロイヤルカナン皮膚トラブル対策

水疱性皮膚炎の症状と原因、治療法

犬の水疱性皮膚炎は、自己免疫による皮膚の病気。 症状は皮膚に水疱や膿疱ができ、潰瘍が起こります。

原因は免疫系の異常により自己の細胞攻撃が起こることです。 特定の遺伝的要因も影響する可能性があります。

治し方はステロイドや免疫阻害剤などの薬物療法が主で、症状の重症度に応じて治療が決定されます。

脂漏性脱毛症の症状と原因、治療法

犬の脂漏性脱毛症は、皮膚の脂漏腺の過剰な活動による皮膚病。症状は皮膚の油っぽさ、毛が抜ける、赤み、かゆみ、フケなどが見られます。

原因は遺伝的要因、アレルギー、感染、ストレスなど。過剰な脂漏腺活動により皮膚に問題が生じます。

治し方の治療法は、皮膚洗浄や特別なシャンプー、栄養バランスを整えた食事、正しい皮膚ケアが重要です。また、原因に応じて抗生物質や抗炎症薬が使用されることもあります。

脂漏性角化症の症状と原因、治療法

犬の脂漏性角化症は、皮膚の表面の角質異常がでる疾患です。 症状は、皮膚の赤み、乾燥、毛が抜ける、鱗屑(フケ)、皮膚の硬化などが見られます。

原因は遺伝的な問題、アレルギー、外部刺激、栄養不良などが考えられます。

治療法は、皮膚の保湿剤や特殊なシャンプーの使用。 また、ステロイド薬の使用も検討されることがあります。

黒皮症の症状と原因、治療法

\愛犬の状態に合わせて選べるフード/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード \先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/ 14日間和漢レシピを試してみる

14日間の返金保証付き
1回きりでもOKの定期割引!
定期購入で最大15,400円 お得


\獣医師処方の療法食トップ2/ ロイヤルカナンの療法食

ヒルズの療法食

犬の黒皮症は、メラニン色素の過剰産生による皮膚の疾患。症状は皮膚の黒ずみ、毛が抜ける、皮膚の硬化、かゆみなどが見られます。

原因は遺伝的要因、ホルモンバランスの異常、栄養不良、環境因子など。

治し方は、原因に応じた栄養補給や環境改善、ホルモン療法や特殊なシャンプーが使用されることもあります。

ブドウ膿症の症状と原因、治療法

犬のブドウ膿症は、皮膚の脂腺に発生する感染症。 症状は、皮膚のしこりや腫れ、潰瘍、脓のために黄色や白色の結節が見られます。

原因は細菌感染で、刺激や外傷により発生。 特に長毛種の犬に多く見られる。

治療法は、獣医師による診断を受け抗生物質や外用薬の処方が行われます。 また、排出代謝を助けるために薬浴や温湿布も行われることがも。

平扁苔炎の症状と原因、治療法

犬の平扁苔炎(へいへんたいえん)は、皮膚病というよりも口腔内の炎症疾患です。 症状は、歯茎の赤み、腫れ、口臭、食欲不振、食べ物の飲み込み困難など。

原因は、歯垢や歯石による細菌の繁殖が主な要因で、虫歯や歯周病も関与します。

治し方は、歯のクリーニングや抗生物質の投与。進行した場合は、歯の抜歯が必要なものもあります。

皮膚の黒いかさぶたの症状と原因、治療法

犬の皮膚の黒いかさぶたは、さまざまな原因による皮膚症状のこと。 症状は皮膚に黒くなったかさぶができ、かゆみ、赤み、腫れ、掻き破傷が見られることがあります。

原因は皮膚感染、アレルギー、寄生虫、外傷などが。

治療法は、原因に応じて抗生物質、抗真菌薬、ステロイドの薬物療法などが行われます。

アトピー性皮膚炎の症状と原因、治療法

犬のアトピー性皮膚炎はアレルギーによる慢性的な皮膚病。

症状はかゆみ、赤み、湿疹、皮膚の乾燥、掻破傷などが見られます。

原因は花粉、ダニ、カビ、食物などのアレルゲンに対する過敏反応が考えられ環境や遺伝も影響します。

治療法はアレルゲンを特定しそれを避けること。対症療法として抗アレルギー薬、ステロイド、抗生物質を処方することがあります。また、皮膚の健康を保つために栄養バランスの整った食事や適切なシャンプーが重要。

\スポンサードリンク/

みらいのドッグフード皮膚・アレルギー用

ヒルズの皮膚トラブル対応ドッグフード

ロイヤルカナン皮膚トラブル対策

甲状腺機能低下症の末期にも皮膚病

皮膚病の種類にカウントされるかどうかは解釈によりますが、甲状腺は体の代謝に重要な役割を果たすため甲状腺機能低下症が進行すると、末期障害として皮膚にはさまざまな変化が現れます。

・症状:毛が抜ける、皮膚がカサカサになる、黒いかさぶたができる、皮膚がただれる、腫れや水膨れ、色素沈着など。

・治し方:症状がひどい時は塗薬などの対処も必要ですが原因である甲状腺機能低下症の治療が最優先となります。

⇒ 甲状腺機能低下症の犬の食事 手作りのレシピ

⇒ 犬の甲状腺機能低下症の原因や症状と治療についてはこちら

まとめ

元気に走る柴犬の写真

元気に走る柴犬の写真

皮膚病といっても様々な原因があり症状も多種多様です。主な原因をまとめると以下の通り。

・細菌性皮膚病:細菌感染による皮膚の疾患。
・寄生虫による皮膚病:ダニやノミなどの寄生虫による感染症。
・アレルギー性皮膚炎: アレルギー反応による皮膚の炎症。
・脂漏性皮膚炎:脂漏腺の異常による皮膚の炎症。
・真菌感染症:カビや酵母による皮膚の感染症。
・自己免疫性皮膚疾患:免疫系の異常による皮膚の自己免疫疾患。
・肉腫:悪性の腫瘍による皮膚の疾患。

原因や症状が異なれば治し方も違ってきます。軽いと思って市販の塗り薬などで済ましていると重症化する可能性も考えられるので、まずは獣医師の診断を仰ぐことが大切です。

\スポンサードリンク/

みらいのドッグフード皮膚・アレルギー用

ヒルズの皮膚トラブル対応ドッグフード

ロイヤルカナン皮膚トラブル対策

獣医師の検索と病状別で選ぶ療法食ドッグフード一覧

全国の優良な獣医師探しができる検索サイトと、獣医師が処方する療法食を病状の種類別にまとめました。皮膚病に適した栄養バランスのものも複数あるので獣医師への相談時にお役立てください。

⇒ 犬の病気別:おすすめ療法食の通販

\愛犬の状態に合わせて選べる/
最低限の栄養制限ではなく最善の栄養供給
和漢みらいのドッグフード
\先端栄養学の全てを注入した犬の健康を守る『和漢ドッグフード』/
今すぐ注文する

\獣医処方の療法食トップ2/

ロイヤルカナンへ ヒルズへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました